Fashion

クラシカルなコーディネートってどんなの? ポイントはダーク〇〇

投稿日:

B1fLFIjCYAAFyJY

※ツイートより引用

渋い大人になるために

年齢と共にファッションは変わってきます。
30代を目前にしてクラシカルな服装に憧れるようになりました。

都会的であり、落ち着いている。
バーでお酒を飲むのが似合う。そんな服装です。
ツイッターを中心に参考になりそうなコーディネートを抜粋。

そこから特徴をつかんでいこうと思います。

SPONSORED LINK

ダークカラーを取り入れよう

https://twitter.com/ikemen_code/status/531016796006924288

オススメの情報ツイッター。イケてる男子のコーデ。
今回はこちらから良さそうなものを特集して行きます。

こちらはちょっと若者向きですが、クラシカルな雰囲気ですよね。
全体を深い色合いでまとめてあります。
記事上部のコーディネートもシャツ・パンツともにダークカラー。

白を入れるとマリンスタイルのような鮮やかさが出てしまいます。
クラシックな服装は秋・冬こそ似合いますよね。

流行はダークグリーン・バーガンディ

http://www.color-sample.com/colors/392/

参考:カラーサンプル

ダークグリーンは良く聞く色ですが、バーガンディは馴染みがありません。
ざっくり言うとワインレッドの古臭い色です。

2010年ごろより大流行しました。

この色を取り入れるかどうかで秋の服装がガラッと変わります。

足元はもちろん革靴

ウイングチップシューズ

どんな渋い服装をしても、スニーカーを履くとカジュアルになります。
本革のブーツ・ウイングチップシューズにしましょう。
色はパンツと正反対の色・・・
つまりトップスの色に似せると良いです。

パンツがダークグリーンなら靴はブラウンかベージュ。
トップスがネイビーならパンツをブラウンにして靴をネイビーに。

首元にアクセントを

https://twitter.com/ikemen_code/status/530581688913788928/

マフラー・スヌードで印象を変える方法があります。
「柄」には時代を感じさせる効果があります。

例えばバーバリーチェック。

イギリス紳士のイメージが強く、どことなく近代的な印象になります。
ジーンズ+シャツ+カーディガンコーデでもマフラー1つでクラシカルに早代わり!

他にも上のような赤チェックストールもおすすめ。
ちょっと学生っぽさを出すのもポイントです。

差し色はやっぱり赤?!

https://twitter.com/ikemen_code/status/527740214442074113/

さて、全体的に暗い色を取り入れることでクラシカルになる事がわかりました。
ここに最近のトレンドをプラスして着こなしましょう。
「差し色」の出番です。

ビビットカラーや派手な色を1色加えることで洗練されたイメージになります。
暗い色は寒色が多いので、思い切って赤を加えてみましょう。

これまでにご紹介したコーデの中にも赤が頻繁に登場していますよね。
小物から取り入れると簡単ですよ。
(時計のベルトや巻き物など)

オシャレを楽しむことで外出が楽しくなります。
外に出れば出会いもありますし、人生に潤いが生まれます。
今日もオシャレをして出かけましょう!

SPONSORED LINK

-Fashion
-

Copyright© はむログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.