Fashion JOURNAL STANDARD

あまりに寒いので、10,000円のフリースを試してみた結果

投稿日:

インポートのフリース

山も登れそうな温かさ!

今年は特に冷え込みますね。歳と共に寒さが身体に染みるようになりました。色々とアウターを買っていますが、いつも格好を付けられるわけじゃないですよね。TPO的にほどほどの服装の方が良い場合もあります。(近場で買い物とか)

そこで、部屋着にも出来て外出にも使えそうな高価なフリースを買うことにしました!選んだのが上記の写真。ジャーナルスタンダートから販売されていたインポート品になります。

ではレビューさせて頂きますね。冷え性さん必見です!

SPONSORED LINK

今回の購入品

ENGEL-ORIGINAL-PILE

エンゲル オリジナル パイルジャケット
カラーブラック・Size S 9,072円(40%OFF)

1927年にデンマークで誕生した「エンゲル」というブランドのアイテムです。販売元はジャーナルスタンダート。

デコルテ部分のカモフラ柄と、折り曲げることで襟を作ることが出来るのがポイントです。最初の印象は「この値段で買うものじゃ無かったかも・・・」という感じでした。

ユニクロのフリースイメージが崩壊

そもそもフリースなんておじさんが着るものだと思っていたんです。肌触りも微妙ですし、そんなに温かくないですよね。中高生が部屋で着るだけのイメージでした。

着てみて納得。やはり1万円の価値があります。ヒートテック1枚にこのフリースを羽織るだけで暖房が要らないくらいでした。(基本的にヒートテック・ニット・カーディガンを部屋着にしています。これでも暖房無しだと震えるレベル。)

山にフリースが必需品なのが分かりましたね。こんなに温かい衣料だったとは。

アウトドアっぽく無いのがポイント

エンゲルのフリースはアウトドアというよりも、オシャレな作業着というイメージです。人それぞれファッションスタイルがありますよね。私はアウトドア系のファッションは苦手なんです。今回のものなら、ミリタリーテイストや無骨な感じでラフに着こなすことができます。

シャツとあわせればキレイな雰囲気に

実際に合わせて見ました。

シャツとフリースのコーデ

特性上、少しヨレッと見えますが着れば問題ありません。襟のあるアイテムと良く合います。

マフラーとフリース

モノクロのマフラーと合わせてみました。派手な色合いのものを取り入れれば都会的に着こなせそうです。

ただし、ジャケットやカーディガンと比べればオシャレ度は低くなります。使う場所を考える必要はあります。

同価格帯ではモンベル

http://www.montbell.jp/

参考:モンベル

ちなみに同じくフリース1万円前後なのがアウトドアブランドのモンベル。先日、友人と一緒に行く機会がありましたのでチェックしました。肌触りも良く、温かさもOK。つまり、エンゲルのフリースもアウトドアブランドと同様のレベルということです。

やはりジャーナルスタンダートは良いアイテムを見つけてくれます。セレクトショップの中では1、2位という所でしょう。無難なものを着て格好良いのは当たり前。時には着崩して楽しむのもオシャレの1つです。

SPONSORED LINK

-Fashion, JOURNAL STANDARD

Copyright© はむログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.