【下手なセール品はもういらない】イタリア製のマフラーが3,800円で登場!

   

モノクロストライプマフラー

デフレの影響がこんな所にも!

先日、ジャーナルスタンダートのボアジャケットを購入しました。
色が薄いベージュのため「黒っぽいマフラーと合わせると良さそう!」と思い名古屋パルコを物色。
セール中だし良いものあるはず!と意気込んでいました。

結果は惨敗。

どこも安いは安いんですが、元の値段が高い。
10,000円の30%オフでも7,000円ですもんね。

帽子や小物ばかり売っているブランドでは3,000円前後のものがありました。
まぁ、若者っぽい雰囲気でしたし中国製でしたけどね。

一か八か、ここでもジャーナルスタンダートに入店。
結果は吉でした!

SPONSORED LINK

実際に合わせてみた結果

ベージュジャケットとモノト

両方ともジャーナルスタンダートの商品です。
ジャケットの詳細はこちら
有名セレクトショップのボアブルゾンはやっぱり高品質だった!

想像通り都会的な印象になりました。
カジュアル面が強かったブルゾンが一気に大人の雰囲気に変わりましたね。
マフラーは面積が大きい衣類なのでボトム・ジャケットと同じくらい大事な小物なんですよ。

安いマフラーは最初から毛羽立っているのと、モコモコしているんですよね。
機能面だけ見れば良いのでしょうがオシャレとは言えません。

柔らかいアクリル100%

ボタンを留めてみた

安さの理由はアクリルで出来ていることでしょう。
ウール100%のものは5,000~10,000円しちゃいますからね。
温かさには負けますが、肌触りと高級感はアクリルの方が上だと思います。

今回のマフラーは3,800円。
なんとMADE IN ITALYです!

ファッションと言えばイタリアの印象が強いですからね。
アジア圏で作られたものに比べて安心感が違います。

生地の滑らかさが値段以上

ウサギの毛で作られたカーペットって肌触りが最高じゃないですか。
このマフラーも同じくらいのスベスベ感です。

マフラー・セーターは安いとチクチクします。
肌の弱い人は真っ赤になりますし、外出中も気になって仕方ありませんよね。

通販で買う時も、素材やブランドをしっかりと見極めて購入しましょう。
最近は粗悪な商品は出回らなくなりましたが、稀に酷い商品を出すブランドがあります。
(特にファストブランド)
小物にお金を掛けるとファッションは見違えります。
皆さんもこだわってみてはいかがでしょう。

どうでも良いですが、ここの紙袋が気に入っています。

ジャーナルスタンダートの紙

飾っておきたくなるデザインですね。

20代中ごろから買うブランドが変わってきました。
最近はジャーナルスタンダートかナノユニバース中心。
使えるアイテムだけイオンの専門店街やファストブランドで買っています。

マルイブランドは・・・何だかまとまり過ぎている印象なんですよね。

年末年始はセレクトショップも大規模セールをします。
高くて躊躇していた方も何か1つ買ってみてください。
ワンランク考えが向上しますよ。

SPONSORED LINK

おすすめ記事

1
【メンズファッション】節約しながらオシャレを楽しむコツのまとめ

ファッションは「ただ身につけるもの」ではありません。その場に合ったファッションを ...

2
元プロカメラマンが初めてのミラーレス一眼でOLYMPUS PENを選んだ理由

ミラーレスなのに一眼レフレベルの撮影が可能 キレイな写真、心に響く写真を撮影した ...

3
【住宅セミナーを受けて分かった】年収300万円台でも注文住宅を建てられるコツ

もう、中古物件・建売を買うメリットは無いのかもしれない 結婚を期にマイホームを建 ...

4
人気の腕時計を探すより作っちゃえ!17,600円から腕時計がオーダーできるサイト

「腕時計欲しいんだけどピンと来るのが無いんだよなー。お勧めでも調べてみるか。」と ...

 - Fashion, JOURNAL STANDARD