Fashion

行きつけの美容院は1つだけ? 2つにすると6つのメリットがあるんです

投稿日:

オシャレな美容院

定期的に場所を変えるのもOK!

オシャレにはかかせない美容院。人気の髪型にしてもらえるだけでなく、美容師さんと色んな会話を楽しむことができます。そのため気の合う美容師さんがいるお店に通ってしまいます。これってどうなんでしょう。

私も気に入ったお店に通い続けていました。1年ほど経過した頃・・・美容師さんも安心しちゃったんでしょうね。会話のネタも尽きてきましたし、髪型も提案してくれることが無くなりました。

そこで別の美容室に行き始めたのですが、たくさんのメリットを見つけることができました。例えばこんなことです。

SPONSORED LINK

サービス対応

ベッカムヘア

美容室は髪の毛を切る「サービス業」です。技術だけでなく客をリラックスさせ心地よい状態にする対応も求められています。多くのサービス業が半年~1年に1度通えば十分なのに対し、美容室は1ヶ月~2ヶ月に1度通うことになります。そのためサービスがおろそかになるお店が多いことを覚えておきましょう。

技術を競い合ってくれる

初めての客には慎重になります。顧客になるか悪い噂を広められるか最初の印象で決まるからです。そのため、自分の技術を総動員し客に気に入ってもらえるような髪形を提案します。

しばらくすると「今日もいつもので良かった?」と聞かれるようになります。失敗しないですし、客にも喜んでもらえるからです。こうなると床屋と大差ありません。オシャレレベルが止まってしまうからです。

何でもそうですが競合させるのは大切です。「近場の美容院にも行ったことがある。」というだけで「ああ、あそこね!こっちはこんな道具があるから違う髪形にできるよ!」などと良い意味でライバル視させることができます。

会話やセンスがマンネリ化しない

良い美容室と悪い美容室の違いって何だと思います?

それは、

行くのが楽しみかどうか

です。

新しい美容室って2~3回は行くのが楽しみで仕方ないんですよね。それ以降は会話もマンネリ、髪の毛の洗い方も適当。サービスの頭皮マッサージも時間がバラバラ。逆にこっちが気を使ってしまいます。

美容師さんも人間ですから、客全員のことを細かく覚えているわけじゃありません。しかし、客の方は美容師さんのことをしっかりと覚えています。この違いが少しずつ大きくなっていくんです。

センスに関しても同じ。忙しい時に顧客が入った場合、「いつもの髪型…」のパターンになってしまいます。

時々違う美容室に行くことでマンネリ化を防ぐことが可能です。

「オシャレな人」だと感じてもらえる

やっぱり行きつけの美容室を数店持っている人って特別だと思うんです。普通の人は1軒で落ち着いてしまいますから。美容師さんから見れば「かなりオシャレにこだわりがある人」に写るでしょう。

オシャレな人には奇抜な髪型や挑戦してみたい髪型を提案してくれます。新しい髪色や人気の髪型もいち早く教えてくれるでしょう。

価格の違い

古い米ドル

特定の美容院に通うことで他の美容院の情報が入ってこなくなります。最近、ポストに入ってくるフリーペーパーの美容院特集を見ましたか?ここでサービスや価格の違いを知ることができます。

値段がバラバラなことに気がつく

知らないうちに「美容院はこんなもんの値段だろう。」と思い込んでいます。これが特定の店に通うデメリットの1つ。

以下、経験談です。

 

駅前の男性に人気の美容院に通う。
カット3,400円 カット+カラー7,000円

近場の老舗美容院に変更する。
カット3,000円 カット+カラー6,000円

 

年間にすれば数千円の差になります。

ちょうどNaverまとめに美容院の値段についてまとめてある記事がありました。

美容室の価格って、なんで店によってあんなに差があるの?

ざっくり抜粋してしまうと、

  • 借地代
  • 人件費

がほとんど。技術代や薬剤代はどのお店でも似たり寄ったりなようです。

ポイントサービスの有無

床屋や美容院で全店でポイントが溜まるカードを作っていると思っていました。全然違うんですよね。ポイントサービスの内容はもちろんのこと、特典が何も無いお店もあります。

ポイントサービスの違いで言いますと、

  • 10回来店でシャンプーサービス
  • ポイントがMAXで1回無料
  • オリジナルの整髪料プレゼント

などがあります。

初回だけ30%OFFのお店もあれば、初回は定価で次からは30%OFFのお店もあります。

感覚を磨く

By: snowpea&bokchoi

せっかくファッションメインのブログなのでセンスに関してのお話もしておきます。センスって何もしないと衰えていくんです。最近の流行についていけない年配の方が良い例ですね。若者のファッションを取り入れているおじさんは凄くオシャレです。

この違いは「刺激」によって生まれます。ファッション雑誌を定期購読するだけでも感覚は磨かれます。

ファッションセンスの勉強になる

美容院って髪の毛を整える以外にもメリットがあるんですよ。インテリアやショップのセンス、美容師さんのファッションって最先端のものですよね。(それも仕事のうちですから。)

雑誌を見るよりも生きたモノを見たほうが勉強になります。美容師さんの上から下までしっかりと観察しましょう。気に入った服があればどこで買ったのか聞いてみるのも良いでしょう。

もちろん美容師さんの数が多ければ多いほど参考になります。美容室はお店によりコンセプトが違いますから、別のコンセプトを持ったお店を見ることでより勉強になります。

新しい刺激を得る

同じ場所に通うことで刺激が無くなるんですよね。美容師さんが新しいことに挑戦しなくなる理由の1つです。(客に安心感を覚え、最初の気持ちが衰えてくるから。)

美容院はオシャレな場です。最初に入ったときは「うわー、自分が通って良い場所なのかな?」と不安になりますが、そのうちに慣れてきます。これは自分のオシャレレベルが上がったのもありますが、場の刺激に興味が無くなった証拠なんですよね。

そこで別の美容院の登場です。

今までよりグレードの高い美容院を選ぶことで一つ上のステップに進むことができます。

まとめ

特定の美容院にこだわらないことで、

  • 競合させることができる
  • 価格の違いに気がつく
  • センスが上がる
  • サービスがマンネリ化しない
  • 新鮮な技術を体験できる
  • 刺激になる

というメリットがあります。

個人的には「サービスがマンネリ化しない」ことが気に入っています。会話が発展しない美容院って本当につまらないですからね。皆さんも1箇所にこだわらず、色んな場所に挑戦してみてはいかがでしょう。

SPONSORED LINK

-Fashion

Copyright© はむログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.