朝起きて突然の難聴 最近増えてきたメニエール病かも

   

回る風景

ヘッドフォンユーザーは要注意

2年ほど前の夏、いつものように起床すると耳の奥でボーンという音が鳴っていました。しばらくしたら収まるだろうと考えていましたが、治る気配なし。病院に駆け込むと「メニエール病」と診断されました。

最近ではジャニーズの今井翼さんがメニエール病で長期休暇していましたね。基本的には回転性のめまいと気持ち悪さが症状なのですが、私のように難聴だけのケースもあります。

意外な原因も判明しましたので、皆さんも普段の生活から気をつけて下さい。

SPONSORED LINK

メニエール病とは

聴診器

内耳のリンパの流れが悪くなり、神経を圧迫。それにより強いめまいや吐き気、難聴を引き起こす病気です。

http://www.nanbyou.or.jp/entry/195

参考:難病情報センター

リンパの流れを良くするために利尿作用のある薬を使います。めまい・吐き気を抑える薬も併用します。また、血行を良くする考えも有効で軽い運動や身体を温めることも症状を軽くします。

意外だった原因

私の場合、原因は2つ。

・繁忙期による疲労、寝不足
・作曲による耳の酷使

です。

寝不足はリンパの流れを悪くします。今までも耳鳴りは起こしていましたが、連日の睡眠不足から発症したと考えられます。やはり7時間は睡眠をとるべきだと言う事でした。
※ここでいう睡眠とは寝ている状態。寝付く状態ではありません。

また、常日頃からヘッドフォンで作曲をしています。長いときでは5時間以上していることも。耳の周りを圧迫しますので突発難聴を引き起こす原因となります。ヘッドフォンは長くても2時間程度にしておきましょう。イヤホンも外耳には影響しませんが、内耳的には良くありません。

早ければ数日で症状が治まる

私の場合、発症から数時間で病院に行ったことと、難聴のみだったため数日で治りました。若干の違和感はありましたが、1週間でほぼ完治。それ以後は生活を改めることにより再発を抑えています。

難聴のみのメニエール病を蝸牛型メニエール病と言います。低音部の難聴が特徴的なので、男性の声が聞き取りにくくなれば要注意です。

また、片方の耳のみ難聴が発生する可能性があります。私の場合は右耳だけ聴力が低下していました。(調べてみると左も若干の低下がありましたが)

今や10万人に1人の難病ではない

メニエール病は一般的な病気ではありません。しかし、徐々に広がりを見せています。その理由を考えてみました。

・不景気、仕事量増加による睡眠時間の低下
・ストレスの増加
※ストレス病とも言われています。
・気候の変化・・・夏の気温上昇に伴う脱水
・運動不足

昔と違い、パソコン普及により運動をしない人が増えました。仕事も個人に任せられる業務が増え、ストレスが増えています。様々な状況がメニエール病を発症しやすくなっています。

耳の違和感は48時間以内に病院に行けと言われています。仕事よりも健康が大切です。些細な違和感でも直ぐに病院に行くようにしましょう。

突発的難聴ってイライラするんですよ。音は聞こえないわ、けれど身体は動くから仕事は行かないといけないわ。そのイライラが症状を悪化させます。まずは落ち着いて医者に行きましょう。それだけで安心しますからね。

SPONSORED LINK

おすすめ記事

1
【メンズファッション】節約しながらオシャレを楽しむコツのまとめ

ファッションは「ただ身につけるもの」ではありません。その場に合ったファッションを ...

2
元プロカメラマンが初めてのミラーレス一眼でOLYMPUS PENを選んだ理由

ミラーレスなのに一眼レフレベルの撮影が可能 キレイな写真、心に響く写真を撮影した ...

3
【住宅セミナーを受けて分かった】年収300万円台でも注文住宅を建てられるコツ

もう、中古物件・建売を買うメリットは無いのかもしれない 結婚を期にマイホームを建 ...

4
人気の腕時計を探すより作っちゃえ!17,600円から腕時計がオーダーできるサイト

「腕時計欲しいんだけどピンと来るのが無いんだよなー。お勧めでも調べてみるか。」と ...

 - ヘルスケア