【マイナス5歳】 男の肌をキレイに保つ7つの方法

      2014/12/27

海と外人

夏の疲れ、数年後にやってきますよ

皆さんは海に行きましたか?プールは?
男たるもの日焼けしたいもの。
少し黒い方が格好良いですよね!

しかし、、、その後のケアを怠けてはいけません。

えっ?男なのにそんな女々しいこと出来るかって?
時代を考えて下さい。
昔と今とでは紫外線量が違います。
オゾンホールも話題になっていないだけで広がっていますから。

私も一応は健康や製薬に携わっています。
社内の男性は全員若く見られます。
そのコツや摂取すべきものをお教えしますね。

SPONSORED LINK

肌に水分を!

洗顔後や風呂上りに化粧水を塗りましょう。
パンパーンっ!とCMみたいに叩きつける必要は有りません。
手に適量を取り、顔に馴染ませればOK!

コットンを使うのもおすすめです。
男性の肌は汚れやすいので、コットンが真っ黒になりますよ!

ちなみに有名メーカー品にこだわらなくても大丈夫です。
余分なものを含んでいない、安めの化粧水を買っておきましょう。

暴飲暴食は連続禁止

ジャンクフード
お盆ってついつい食べすぎちゃいますよね。
アルコールを飲んだ後にラーメン!最高の時間です。
ただ、翌日に一発で顔に出ます。

吹き出物が多い方はインスタントやアルコールを控えて下さい。
食生活は本当に大事。
腹8分目を心がけるだけで肌はツヤツヤになりますよ。

隠れアレルギーにも気をつけましょう。
例えば蕎麦が大好きだったとします。
普段は大丈夫でも、身体が弱った時に食べると体の内側に発疹が出来ることがあります。
アクの強いナッツ類も食べすぎは良く有りません。

ビタミン剤を常備しよう

私の会社ではビタミン剤を自由に摂ることが出来ます。
特にビタミンB系のものが多く、全員が栄養素MAX状態です。

そのためか、ほぼ全員肌がキレイで若く見えます。
年齢よりマイナス5歳程度と思って下さい。

DHCの錠剤なら格安(数百円)で手に入りますので、1ヶ月ほど続けてみましょう。
寝る前に飲むと翌朝スッキリしますよ。

ヒゲを剃り過ぎない

ツルツルじゃないと気持ち悪いからと言って、
ヒゲを長時間剃っていませんか?
特に電動式は要注意です。

知らず知らず肌を削っていますので、ニキビや吹き出物の原因となります。

ポイントとして、最初は逆剃りをやめましょう。
毛の流れている方向に剃ってから逆剃りする事で簡単に深く剃れます。
少ない回数で済みますので、肌を傷めません。

プールより海水浴

南国の海

海水が肌に良いってご存知です?
ミネラルやマグネシウムを多量に含みますので、保湿効果が上がります。
洗浄効果も期待できます。

肌がずっとボロボロだった人が海水浴を始めて治った例があるんですよね。

海以外ですと、温泉も似たような成分です。
プールに行くよりも海の方がずっと健康的でおすすめです。

表情筋を鍛える

普段から笑いましょう。
顔の筋肉を鍛えることでリンパの流れを改善できます。

寝る前に色んな表情をしてみたり、
コロコロ系のグッズで血流を良くするのもおすすめです。
入浴時に顔まで浸かることで血行促進も出来ます。
(ついでに保湿効果も。)

クーラーを控える

夏こそ汗をかきましょう。
毛穴の汚れを出すことで脱臭効果も期待できます。

熱射病には気をつけなければいけませんが、
クーラーを控えるのも手段の一つです。
夏にサウナや温泉に行くのもおすすめです。

相互作用を考えよう

食べ物・保湿・リンパなど、色んなものに共通点が有ります。

ポイントは夏こそ暑さを楽しもう!という点ですね。
汗をかき、適度な日焼けをする事で健康的な肌を保てます。
皆さんも実践してみて下さい。

久々にスキンケア商品を購入したのでレビューしました。

「30歳からの乾燥肌に」 GATSBYのアクアクリームが意外と便利
やっぱり使うと違いますね。

SPONSORED LINK

おすすめ記事

1
【メンズファッション】節約しながらオシャレを楽しむコツのまとめ

ファッションは「ただ身につけるもの」ではありません。その場に合ったファッションを ...

2
元プロカメラマンが初めてのミラーレス一眼でOLYMPUS PENを選んだ理由

ミラーレスなのに一眼レフレベルの撮影が可能 キレイな写真、心に響く写真を撮影した ...

3
【住宅セミナーを受けて分かった】年収300万円台でも注文住宅を建てられるコツ

もう、中古物件・建売を買うメリットは無いのかもしれない 結婚を期にマイホームを建 ...

4
人気の腕時計を探すより作っちゃえ!17,600円から腕時計がオーダーできるサイト

「腕時計欲しいんだけどピンと来るのが無いんだよなー。お勧めでも調べてみるか。」と ...

 - ヘルスケア