ライフスタイル

アパートの1階に住むメリットとデメリット

投稿日:

西洋のアパート

「アパートって1階に住んだ方が良いの?2階の方が良いの?」

と疑問に思っていませんか?

私もアパートを探す際にとても悩みました。それぞれにメリット・デメリットがあるからです。あなたも住まいにはこだわりがあるかと思います。「虫が出ない」とか、「涼しい家」とか考えればキリがありません。

しかし、どのアパートが虫が出ないのか。涼しいのかを分からないと選びようがありませんよね。

そこで今回はアパートの1階に住むことのメリットとデメリットをまとめました。私自身、実際に2年間アパートの1階に住んでいます。その結果も踏まえた内容になっています。ご参考になれば幸いです。

SPONSORED LINK

1.アパートの1階に住むメリット

正面玄関

まずアパートの1階のメリットを考えてみましょう。2階と比べると価格面でお得感があります。

買い物後の運搬がラク

駐車場から階段を上り下りする必要無しに食品を移動することができます。牛乳やお米を買った時にラクです。

玄関から入らないような大きな物を買った際もベランダから運搬できるので便利です。私は寝具を買いましたが、ベランダから運搬しました。玄関の狭いアパートも多いので窓から物の出入りできるのは安心です。

引越し料金が安い

引越しの見積もりでは「アパートの1階」と言う項目があります。1階と2階以降では作業員の労働力が違うのと、大きな物を吊って運ばないといけないため値段が上がります。

入居時はもちろんですが、退去時も引越し代が変わってきます。

足音を出しても良い

下に誰も住んでいないため、それなりに足音を立てても迷惑になりません。洗濯機も同じですね。2階だとどうしても響きますから。

  • 交代制勤務のため、深夜に帰宅することがある
  • 子供が居るため、うるさくなる

と言う方には特に重要です。特に子供。2階だと物凄く足音が響きます。周りの入居人次第では怒鳴り込んでくる可能性もあります。

災害時の脱出に便利

アパートの上の階に住めば住むほど、火災などの災害時に脱出できなくなります。水害に関しては浸水しやすいデメリットもあります。

月額が安い

アパートは2階よりも1階の方が2,000円ほど値段が安めです。

防犯、虫が少ない、と言うメリットのため、2階の入居を望む人が多いためです。(特に女性)

TIPS:

実は2階に住んでも防犯に効果は無いと言われています。むしろ、ベランダを使っての進入がしやすいため、1階で窓ガラスに防犯的なグッズを取り付けた方が安全です。ただし、洗濯物の盗難に関しては1階の方が多いです。

2.アパートの1階に住むデメリット

2階のバルコニー

次にデメリットを考えていきましょう。先にまとめてしまうと1階の方が買い物等は便利な反面、住み心地が悪くなるデメリットが多いと言えます。

ホコリ、虫が多い

地面に近い方がホコリ・花粉が舞います。窓から入ってくるのはもちろんですし、洗濯物に付着します。車通りの激しい道の近くだと、家の中が直ぐに汚くなります。

また、虫も2階以降に比べてはるかに多いです。洗濯物からの進入は2階でもありますが、1階の場合は玄関からの進入が増えます。

玄関のドアに郵便物入れが付いている場合、フリーペーパーなど大型の郵便物が入った状態では隙間が空いてしまいます。そこからムカデ・ゴキブリが侵入します。

虫に関しては『虫の出やすい物件の特徴』に詳しく書いていますので、気になる方はご覧下さい。

騒音や振動がうるさい

音は建物を振動し移動します。そして、人は上に向かって音を立てることがありません。天井に向かって作業することって電球の付け替えくらいですよね。ほとんどの場合、音は下に向かいます。

1階では2階の音だけでなく、車の振動、2階に向かって歩く人の足音など、全ての音が気になります。

2階の人の影響が直に来る

2階に深夜帰宅の人・小さな子供が入る家庭があった場合、寝られなくなる可能性があります。

※私が住んでいるアパートの2階には4人家族が居ます。小さなアパートに4人が暮らしているため、ケンカの音、物を引きずる音が耐えません。子供が学校に行く時間も早いため、早朝に起こされます。

風通しが悪い

1階は周りの建物に遮られるため、風通しが悪い傾向にあります。特に大型の建物・・・マンションや工場が近くにある場合は全く風が入らない可能性もあります。

2階は1階に比べると比較的風が入りやすいです。人目も気にならないため、窓を開けやすいメリットもあります。

湿気がたまりやすい

湿気は地面から伝ってきます。

床下に湿気が溜まり、カビが発生しやすくなります。特に布団・マットレスを床に直置きする場合は注意しましょう。地面からの熱も受けやすいため、高温多湿状態になることもあります。冬は結露しやすく、夏は蒸し暑くなります。

外からの視線が気になる

1階はそのアパートの人たちの出入りが気になります。駐車場がベランダの前にある場合、誰かが外出する度に視線が気になるようになります。

若い人が住んでいる場合、駐車場で友達と話し込むことがあります。彼らの話し声が直で入ってきますし、やはり目線も気になります。急にカーテンをシャっと閉めるのも嫌らしい感じになりますよね。

まとめ

私は物の運搬がラクな点、値段が安い点を考えて1階に住みました。と言うのも、2年以内にマイホームを建てる計画だったからです。

実際に住んでいて分かったのですが、住む期間で1階と2階を選ぶと良いと感じました。

2階は住みやすい反面、引越しや大型荷物の運搬に不便なため、長期間住む方にお勧め。1階は引越し価格・家賃が安く、移動に便利なため、機関を決めて住む方にお勧めです。

SPONSORED LINK

-ライフスタイル,

Copyright© はむログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.