私がブライダルカメラマンを辞めた7つの理由

   

いつもはむログをご覧頂きありがとうございます。今回は主観的な内容の記事になりますが、私のブライダルカメラマン時代の話をしたいと思います。

激務で有名なブライダル業界。もちろんブラック企業も存在します。私が入社した結婚式場もブラック企業でした。華やかな仕事でしたが笑顔を人に届けられなくなったため転職しました。

現在、ブライダルカメラマンをしており転職を考えている人。ブライダルカメラマンになりたい人のご参考になれば幸いです。

SPONSORED LINK

私がブライダルカメラマンから転職した7つの理由

私が入社したのは名古屋の某大手結婚式場+フォトスタジオ経営の企業。大卒で基本給は18万円。年間休日は100日未満でした。

なぜここがブラック企業かと言えば、

  • 基本給に残業代が含まれている
  • 残業は月に100時間以上
  • 教育の考えが無い
  • わずか3年で店長になれるほど離職率が高い
  • ミスをする、残業をしない日がある、は脅される

など、ちょっと考えただけでザクザクと異常なことが見つかるためです。この会社に実際に勤めておりましたが、ブライダルカメラマンはやはり大変な仕事だと分かりました。その理由が以下の通りです。

1.繁忙期は昼ごはんが食べられない

サービス業なので世間が休みの日は忙しくなります。特にブライダル関係はGWやシルバーウィークに結婚式や前撮りが集中します。気候も穏やかで風景もキレイなためです。

私が勤めていたのは1日2組限定のゲストハウス。午前と午後の部に分かれますが、その入れ替わりは後片付けも手伝わないといけません。基本的に昼ごはんは夕方にしか食べられませんでした。食事時間も短く、私は10分程度で終了でした。

2.ミスが許されない

結婚式は人生の大イベント。失敗は許されません。特にブライダルカメラマンは逃してはならない瞬間がたくさんあります。

  • 誓いのキス
  • ケーキ入刀
  • ファーストバイト
  • ブーケトス、プルズ

もちろん、どんな仕事でもミスは気をつけるべきです。しかし、ブライダルカメラマンの場合「その瞬間」を撮影しなければなりません。1日のうちに何度も緊迫する瞬間に立ち向かうことになります。

3.写真撮影は短時間

ブライダルカメラマン=結婚式の写真を撮影する人

のイメージがありますが、これは仕事のほんの一部です。ほとんどの時間を前撮り撮影か写真加工、手伝いに費やすことになります。

特に写真加工は枚数が多いためかなりの時間が必要です。写真加工・アルバム製作により月に100時間の残業が実現しました。

それ以外にも結婚式場内にフォトスタジオを構えている場合は電話応対・各種掃除・ガーデンの手入れなどを任される可能性があります。

4.プライベート時間がほぼ無い

ブライダルカメラマンの朝は早いです。ゲストハウスならガーデンの水遣りや手入れ、フォトスタジオなら各種清掃と機材チェックを行う必要があるためです。

逆に夜は遅いです。午後の部の新郎新婦が帰宅するのは20~21時。2次会を披露宴会場で行うなら22時になることもあります。そのお見送りやお礼をしなければいけません。

もちろん土日出社の平日休みなので友人らと時間の合うこともありません。出社時は身だしなみをしっかり整えなければいけませんので、準備に時間が掛かります。

休日も平日もプライベートの時間はほとんどありませんでした。

5.人間関係がギスギスしている

これは私の式場のみかもしれませんので、特に主観的な内容となります。ご了承下さい。

私の勤務先は体育会系のノリを持つハートの強い人しか長続きしていませんでした。各部署が対立しており、特にカメラマンとウェディングプランナーの仲は最悪でした。

  • 閉鎖された空間
  • 激務によるストレス
  • 女性が多い職場で見られる陰湿ないじめ、陰口

が多く見られました。

6.給与が安い

「入社前に給与は分かるだろ!」とお思いでしょう。ええ、その通りです。なんですが、ブライダルの仕事って憧れや華やかさに注目しがちなので「給与低くても良いや。」って思っちゃうんですよね。

ブライダルカメラマンになって即感じたのが、

この給与がやってられない!

でした。

寝る時間も無く、精神的にボロボロになりながら働きます。月収50万円もあれば続けても良いのですが、実際には手取り13万円とかそのレベル。

私の先輩は車のローンを支払うために働いていると笑っていました。(目は笑っていませんでしたがね。)

一方で経営陣はポルシェや高級車を乗り回し、楽しそうにしています。そのギャップに疑問を感じずには居られませんでした。

7.顔に辛さが出るようになった

で、最後がコレ。新郎新婦はもちろんゲストの皆さんに喜んで頂く職場であり、それがやりがいでもありました。でも自然な笑顔が出なくなったんですよね。うそ臭い笑顔と言いますか。

ここで、

僕は何をしたくてブライダルカメラマンになったんだろう

と心底思いました。

お客さんから笑顔で感謝されると胸は一杯になります。でも、それじゃぁ食べていけませんし、自分の人生を台無しにしてまで仕事に尽くさないといけないの?と思っちゃったんです。

結局、激務に身体が付いていかず体中に発疹が出て退社。心療内科の先生からは2週間安静の書類を出されました。

ブライダルカメラマンから転職してどうだった?

それから自分に合う仕事を見つけるため、嘱託社員や派遣を経て今のクリーンな工場に入社。全く違う業界です。苦労もありましたが、プライベートの時間もたくさんありましたので友人らに相談しながら続けることができました。

残業代がフルに出る会社だったので転職して手取りも7万円アップ。年間休日は25日増加。やはりブライダル業界は過酷だったんだなと実感しました。

もちろん、全てのブライダル業界が私の勤めていた会社と同じ環境とは思いません。私が結婚式を挙げた結婚式は福利厚生もありスタッフ数も多く休みも取りやすいと言っていました。(プランナーさんに聞いてみたんです。)

あなたの勤めている結婚式場が異常な職場なら転職をお勧めします。調べてみたところ、ブライダル業界限定の転職サイトも登場していました。当時の私のように悩んでいる人が多いからでしょう。

業界経験豊富なカウンセラーがサポート
「ブライダル特化の転職サービス」リクシィキャリア

ちなみに私の先輩たちも勤めて3~4年後には独立していました。修行の場だと思って我慢している人が多くいました。

まとめ

愚痴っぽい内容になりましたが、ブライダル業界で苦しんでいる人って多いんですよ。不景気で結婚式を挙げる人も減りましたし、売上が伸びずに人を雇えないんですよね。

で、私の勤めていた会社がどうなっているかと言えば・・・

大々的にTVCMを始め、スポンサーも開始!

しました!

頼むから社員に還元してあげて・・・。

SPONSORED LINK

おすすめ記事

1
【メンズファッション】節約しながらオシャレを楽しむコツのまとめ

ファッションは「ただ身につけるもの」ではありません。その場に合ったファッションを ...

2
元プロカメラマンが初めてのミラーレス一眼でOLYMPUS PENを選んだ理由

ミラーレスなのに一眼レフレベルの撮影が可能 キレイな写真、心に響く写真を撮影した ...

3
【住宅セミナーを受けて分かった】年収300万円台でも注文住宅を建てられるコツ

もう、中古物件・建売を買うメリットは無いのかもしれない 結婚を期にマイホームを建 ...

4
人気の腕時計を探すより作っちゃえ!17,600円から腕時計がオーダーできるサイト

「腕時計欲しいんだけどピンと来るのが無いんだよなー。お勧めでも調べてみるか。」と ...

 - ライフスタイル, 仕事