【1人暮らしをする前に】虫の出やすい物件の特徴

更新日:

じめじめの雨ガラス

入居したら虫だらけ!にならないように。

皆さん、新生活はいかがでしょう?転勤等で今から物件を選んでいる最中かもしれませんね。1人暮らしの心配事はたくさんあります。空き巣・騒音・・・そして虫。1人きりでゴキブリと戦うのは想像以上の苦痛です。どうせなら最初から虫の出ない物件を選びたいですよね。

今回は「虫」の出やすい物件についてまとめてみました。いくら対策をしていても虫が出やすいアパートではどうしようも無いんです。最初の物件選びが重要となります。

SPONSORED LINK

100%虫が発生する物件

虫取りカゴ

住み始めてから虫対策をしてもどうしようもない物件ってあるんですよ。以下に該当するアパート・マンションに住んでしまった場合はある程度の諦めが必要です。

1階が飲食店

1階にラーメン屋・スナック・中華料理屋が入っているマンションってありますよね。基本的に飲食店は100%害虫が住み着きます。生ゴミも一般家庭の数倍出ますから、それをエサにゴキブリ・ハエ・ムカデが寄ってきます。

他にも

  • 色んな人が出入りするため、防犯的に良くない
  • 遅くまで騒がしい可能性がある
  • 匂いが入ってくる

などのデメリットがあります。家賃が極端に安いなどのメリットが無い限り入居しない方が良いでしょう。

畑・川・用水路の横

虫は水辺を喜びます。清潔な工場でも虫の発生した場合、多くが水の近くです。特に用水路のような水の流れが穏やかな場所の近くは「蚊」の宝庫です。

畑や川の近くは「カゲロウ」など大きめな羽虫が発生します。それをエサにするムカデも玄関から進入してきます。

山のふもと

最近は山のふもと、近くにアパートが建つのも珍しくありません。以外に家賃も安いんですよね。

山は畑よりもずっと虫が出ます。ヤスデ・ダンゴムシ・アリなど、ちょっとの穴でもあれば進入してくる虫が無限に発生します。もう虫と共存するしか無いですよね。

田舎の建物は大きめの作りで風通しが良くなっています。ホコリや湿気を飛ばすことで虫の好まない空間にできるからです。人を詰め込むことしか考えていないアパートでは対策に限界があります。

材質的・構造的に出やすい物件

木の床

虫が好む材質・作りってあるんですよ。これは入居前に確認すれば分かることなので、事前に把握しておきましょう。

木造

木はコンクリートに比べて何倍も虫が好みます。木を食べる害虫も多いですからね。古い物件になるとシロアリが住み着いている可能性もあります。

木造であれば築10年以内の物件を選び、入居前にクリーニングしてもらうようにしましょう。虫の卵があちこちに植えつけられている可能性があります。

長屋

アパート・マンションが主流ですが、たまに長屋もあります。ざっくり言ってしまえば他の家と屋根裏や床下が繋がっている物件のことです。私の実家がそうでした。

これがとんでもなく危険!

自分がいくら清潔にしていても、他の家が不潔であれば虫がわき続けます。私の実家ではとにかくゴキブリが出ました。自宅に巣が無かったため、他の家からやってきていたことと思われます。

Sponsored Links

細かく注意する点

窓際の洗剤

虫対策の盲点が「卵」。虫が居なくても木の中や引き出しの奥に卵があり、一気に発生する可能性があります。

前の入居者が退出してからの期間

例えば前の人が退出してから1ヶ月としましょう。1ヶ月では孵化しない卵があります。いくら部屋の壁を張り替えてクリーニングしたとしても100%除去はできません。

部屋に何も無い状況で孵化した場合、食べ物が無くて虫は居なくなります。退出してから3ヶ月程度の物件を選ぶと良いでしょう。

各設備の古さ

備え付けのクローゼット・収納棚が古ければ内部に虫が発生している可能性があります。電化製品も同じです。特に注意すべきはエアコン!外と直結しているため、古いエアコンの場合は簡単に虫が入ってきます。

網戸・換気扇・床の隙間

虫が入ってくる可能性ベスト3が網戸・換気扇・隙間です。網戸の破れ、換気扇の隙間は必ずチェックしましょう。大和ハウスなど大手の企業が管理している物件であれば1週間以内に直してくれます。

床の隙間・玄関も要注意です。隙間テープで埋めるか、虫除けスプレーを使いましょう。

まとめ

虫対策をするのは簡単ですが、そもそも虫が出なければ良い話しですよね。

虫が出にくい物件を選んだ後は、

  • 玄関を開けっ放しにしない
  • 窓を開ける時は網戸を
  • 換気扇はこまめに掃除
  • 生ゴミは直ぐに捨てる

を心がけましょう。

入居前にバルサンを使うのもおすすめです。数々の防虫アイテムの中でも最強の部類ですから!

ただし、火災報知機が鳴る可能性があります。それだけ注意しましょう。

入居が短い期間であれば、レオパレスを使うのもおすすめです。壁が薄いなどの欠点もありますが、使いやすさと変な物件の構造がありませんから。

賃貸マンション

SPONSORED LINK

-

Copyright© はむログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.