ライフスタイル 仕事

「会社に入ってまだ1ヶ月だけど、仕事ってこんなに辛いの?」と感じたあなたへ

投稿日:

新年度が始まりました。新社会人の皆さんは仕事の大変さに驚いていると思います。

「まだ社会に出て1ヶ月も経っていないけど、辞めたい・・・。」と思うのも分かります。私も最初の仕事が合わなくて直ぐに辞めてしまったためです。

経験談ですが、あまりに仕事が苦痛なら早期退職した方が良いです。その理由を詳しくお話します。

SPONSORED LINK

最初の仕事を直ぐに退社した私の経験談

当時の私の仕事は結婚式場のプロカメラマン。大学在中から仕事を任されるようになったため、合計で1年ほど勤めました。ですが、新年度から考えると2ヶ月で退職しています。

今思えばお手本のようなブラック企業でした。

  • 基本給に時間外手当含(残業代が出ない)
  • いきなり月に100時間の残業
  • 朝6時半出社、夜12時退社
  • 教育が無く、初めての作業に失敗しても自分で考えろと言われる

私は「仕事が辛い。どうにかして辞めたい。」とだけ考えるようになりました。怪我や事故をした方がハッピーとまで感じました。

しかし、同年代の友人らに相談しても

「それは甘えだ。」「お前は何を言っているんだ?」

と相手にされません。一方的に怒られ連絡をストップされたこともあります。

ストレスの限界で仕事を続けた結果

眠る暇なく働いた結果、体中に発疹が出てドクターストップが掛けられました。精神的にもうつ状態と診断され、2週間休むように通告されたのです。その診断書を持って会社へ。直ぐに退社しました。

ここで初めて一部の友人たちが心配してくれるようになりました。それまで私を支えてくれたのは家族だけです。

直ぐに転職活動できない焦り

仕事をしていない状況も精神的に不安になります。友人らが働いている中、自分だけ仕事をしていないと置いていかれる気持ちになるためです。

ですが、体調が悪いため転職活動ができません。空白期間ができるため、転職にも不利になります。

その後、嘱託社員や派遣社員でスキルを積み、現在の職場で落ち着くことになります。転職に成功するまで9ヶ月掛かりました。

理不尽な会社は辞めた方がメリットがある

当初、私の転職を「甘えだ。」と言っていた友人らも数年後に転職するか仕事に悩むようになりました。その時に「お前みたいに最初に転職するのは正解だったかもしれない。」と言われたのが印象的です。

仕事は一生続きます。あまりに苦痛な仕事を続けると人生が台無しになる恐れがあります。

具体的には、

  • 残業時間が長い(月に80時間以上ある)
  • 1日の労働時間が長い(終電に間に合わない)
  • パワハラ・モラハラがある
  • 人手が全く足りていない
  • 教育が無く、実施で覚えないといけない
  • 会社の雰囲気が暗い

などです。

あなたは社会に出たばかりで他の仕事のことが分かりません。残業がたくさんあるのが普通と思っているでしょう。そんなことはありません。定時に終わるのが普通で、残業は月に20時間くらいの会社はたくさんあります。

理不尽な会社は評価基準も曖昧です。残業をすればするほど評価されたり、お世辞の上手い社員が役職に就きます。そんな会社に居続けるより、ストレス無く働いて正しい評価の得られる会社を見つけた方が将来の自分のためです。

「仕事に行かなくて済むなら何だって良い。」はおかしい

  • 仕事に行くくらいなら事故っても良い
  • 日曜日の夜、全く眠れない
  • 吐き気がする

これは普通ではありません。精神的なストレスで身体に異常が出ています。この状態になったら仕事を辞めた方が良いです。

先ほどお話したように、体調不良になり転職活動に空白期間ができる恐れがあるためです。それよりも手続きを踏んで退社した方があなたにも会社にもメリットがあります。

当時の私に教えたいこと

社会に出て直ぐ退社。もちろん転職も初めてです。何をすれば良いか分からず、取り合えずハローワークに駆け込みました。次に地元の転職フェアに参加し、新聞やチラシの求人にも目を通しました。

友人らが仕事に打ち込んで居る中、孤独に転職活動をするのは本当に苦痛です。相談できる人が居ればと心の底から思いました。

今、転職関連のブログも運営しています。色んな情報が集まってくるのですが、当時の私に転職のアドバイスができるのなら「エージェントサービス」を教えてあげたいです。

エージェントサービス。ご存知です?転職の専門家に相談しながら求人を教えてくれるサービスです。もちろん無料です。

転職活動をしていると自分が客観的に見えなくなります。本当は仕事時間が一定になりやすい工場の仕事が向いているはずなのに、営業の仕事を探していたりします。これだと次の仕事先でも失敗します。仕事の希望を伝え、マンツーマンで相談に乗ってくれるサービス。利用するだけで転職の孤独さが無くなり、心に余裕が生まれます。

ちなみに、私がお勧めしているのは「DODA」。他にもブラック企業率そのものが低い転職サイトもあります。転職ブログの方で詳しく書いていますので、宜しければ皆さまもご覧下さい。

ブラック企業率の低い転職サイトランキングベスト5 - Blahara
ブラック企業率の低い転職サイトが分かれば使いやすいと思いませんか?そこで当ブログでは独自の6項目を元にして、転職サイトのブラック企業率を点数付けしました。その結果をランキング形式でご紹介します。

まとめ

本当に社会に出た1年目は辛かったです。皆さんにはこんな辛い思いをして欲しくありません。転職に悩む時間より辛い仕事を続ける時間の方が苦痛です。終わりが見えないためです。

あんまり思いつめるようならササっと転職した方が身のためです。仕事は探せば色々見つかりますが、あなたに代わりは居ないのですから。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

おすすめ記事

1

ファッションは「ただ身につけるもの」ではありません。その場に合ったファッションをすれば、あなたの評価が高くなります。 しかし、若者の給料が下がっている現状があります。毎月のファッション代には限界があり ...

-ライフスタイル, 仕事

Copyright© はむログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.