ニューカレドニアではシーフードと肉のどっちが美味しいの?

   

海老料理

島国でも魚が美味いと限らない

皆さんは海に面している国なら「魚が美味いに決まっている!」と思いますよね。外国では必ずしもそうとは限りません。

今回はニューカレドニアの「シーフード」と「肉」についてお話します。結論から言えば肉の方が美味しかったのですが、その細かな理由を日本人視点でお届けします。

SPONSORED LINK

ニューカレドニアのシーフード事情

貝の料理

ニューカレドニアは四国ほどの面積を持つ島国です。南国特有の温かさもあり、漁が盛んです。

そのため、

  • 魚介類が新鮮
  • シーフード料理が安い
  • 日本と食文化が似ている

と言われています。特にエビは「天使のエビ」と呼ばれ、ぷりぷりした触感が世界中で愛されています。

しかし、私たち日本人とは文化が違いことを忘れてはいけません。同じ島国なので魚介類の扱いには慣れているのですが、日本特有の繊細さは無く、豪快な料理が振舞われます。

衛生面の不安が強い

ホテルの部屋以外でエアコンを見かけることがありません。レストランも開放的な作りになっており、動物や虫が自由に行き来できます。

具体例を挙げると、

  • 窓は基本的に開かれている
  • 猫や鳥が自由に店内に入ってくる。
  • 南国のため、虫がでかい。
  • 空調が無いため、室内から室外への空気移動が無く虫が逃げ出さない。

です。

一流ホテルのディナーでもキノコバエのような小型不快害虫がシーフード付近に飛び回っています。スタッフも退治しようとはしません。追い払う程度です。

味付けが弱い

日本は魚臭さを取るために「ワサビ」「酢」など様々な調味料を使用します。

ニューカレドニアでは

「レモン」「ごま油」

が主体です。爽やかさが出ますが、どうしても味にパンチがありません。醤油を使う文化も無いため、日本人目線では「味の無い魚料理」となります。

寿司は酢飯ではなく、ワサビもありません。米は柔らかく炊き上げられており、何となく違う食べ物の雰囲気がします。

私はニューカレドニアのシーフードは「日本以下のレベル」と感じました。ただし、不味い訳ではありません。日本の食文化が進みすぎているのです。

ニューカレドニアの肉事情

ステーキ

肉料理も日本と違います。日本は脂身の柔らかさ、甘さを求めます。しかし、ニューカレドニアは逆です。オセアニア圏ですから、オージービーフが主体です。

オージービーフ特有の固さ+肉らしさ

まず肉は基本的にしっかり焼かれています。この点、衛生面の不安がありません。日本の肉に比べて固いのですが、オージービーフ特有の「肉らしさ」があり、肉の旨みを感じることができます。

肉につけるソースは「マッシュルーム」「ペッパー」「ブルーチーズ」が主流です。どれも味がしっかりしており、肉の臭みを取ってくれます。

スタンダートが美味!

ただし、ラム肉など臭みのある肉は信じられないほどの臭いです。とても食べられるものではありません。

ビーフ・ポーク・チキンの3種類のみを選びましょう。ソースも悩んだら「ペッパー」か「マッシュルーム」をお勧めします。ブルーチーズも臭みがありますからね。

まとめ

記事中間で書きましたが、日本の食文化が進みすぎていることを忘れてはいけません。ニューカレドニアに限らず、ハワイ・イタリアなど各地の旅行者が「同じメニューでも日本食の方が旨い」と言っています。

グルメを楽しむというよりも「食文化の違い」を楽しむイメージで食事をすると良いでしょう。

※余談ですがクロワッサンだけはメチャメチャ旨いです。カプチーノは何故かチョコ味です。

 icon-suitcase 【新婚旅行で分かった!】ニューカレドニアの完全攻略ガイド××記事

SPONSORED LINK

おすすめ記事

1
【メンズファッション】節約しながらオシャレを楽しむコツのまとめ

ファッションは「ただ身につけるもの」ではありません。その場に合ったファッションを ...

2
元プロカメラマンが初めてのミラーレス一眼でOLYMPUS PENを選んだ理由

ミラーレスなのに一眼レフレベルの撮影が可能 キレイな写真、心に響く写真を撮影した ...

3
【住宅セミナーを受けて分かった】年収300万円台でも注文住宅を建てられるコツ

もう、中古物件・建売を買うメリットは無いのかもしれない 結婚を期にマイホームを建 ...

4
人気の腕時計を探すより作っちゃえ!17,600円から腕時計がオーダーできるサイト

「腕時計欲しいんだけどピンと来るのが無いんだよなー。お勧めでも調べてみるか。」と ...

 - 旅行