旅行

日本のホテルにあってニューカレドニアのホテルに無い物

投稿日:

ヌバタホテル

日本のホテルの良さを実感

皆さんは海外のホテルに泊まったことがありますか?

私はニューカレドニアのちょっと良いホテル+離島の水上ヴィラに宿泊しました。水上ヴィラはスイートクラスの部屋なので日本のホテルと同等の品が置いてあります。しかし、本島のデラックスルームは日本のビジネスホテル以下のサービスでした。

日本のホテルと何が違うのかご紹介します。足りないものは日本で準備しておきましょう。

SPONSORED LINK

ニューカレドニアのホテルに無いアメニティ

ルームシューズ

まず日本のホテルにはあるのにニューカレドニアのホテルには無い付属品をまとめます。

  • 歯ブラシ
  • スリッパ
  • 加湿器
  • 髭剃り
  • ボディシャンプー用のスポンジ
  • バスローブ

さらに、

  • ホテルの詳細な地図
  • ホテル周辺のマップ

もありません。

お茶関連の品は日本より充実しています。

シャンプー、リンスはボタニカル系で品質の良いものが置いてあります。髪の毛のパサツキも感じませんでした。しかし、日本のシャンプーの方が高品質です。持参するのも良いでしょう。

必ず日本から持っていくもの

以下、私が持参して心から良かったと感じたものです。

  • スリッパ
  • 歯ブラシ
  • 寝巻き
  • 電動髭剃り
  • 煎茶

まず歯ブラシ。これが無いと歯が磨けません。必ず持って行きましょう。

寝巻きも必須です。温度差で風邪を引きやすい状態です。汗を吸収しやすい寝巻きを持っていきましょう。

髭剃りも愛用品を持参しましょう。肌を傷つけると雑菌が入ります。(特にビーチ沿いは危険です。)肌を傷つけない電動髭剃りが便利でした。

ニューカレドニアは独特の味付けが多い印象でした。日本食が恋しくなります。日本茶を持っていくだけで癒されますよ。

部屋が広いため、インナー程度なら洗濯が可能です。洗剤を持っていくと便利です。

現地調達は可能?不可能?

現地のスーパー、商店、雑貨屋の全てに入りました。

  • スーパー → 何でも揃っているし買いやすい。大型スーパーの方が品揃えが多い。
  • 商店 → 日本の八百屋のようなもの。常温でチョコが置いてある。
  • 雑貨屋 → 日本のホームセンター。

現地調達するならスーパーがオススメ。一通りのものが揃いますが、ニューカレドニア以外の製品は割高です。リプトンの紅茶は日本円換算で600円ですからね。

シャンプー・リンスは1リットル290フランです。格安で購入できます。日焼け止めも日本の半額ほど。現地の必須アイテムは割安で販売されている印象でした。

従って現地調達は可能です。

ただし、大型のスーパーはヌメア市内方面しかありません。ホテル付近は商店しかありませんが、言葉も通じませんし衛生面も心配です。ツアー中のスーパー買い物時間でパパっと購入しておきましょう。

 icon-suitcase 【新婚旅行で分かった!】ニューカレドニアの完全攻略ガイド××記事

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

おすすめ記事

1

ファッションは「ただ身につけるもの」ではありません。その場に合ったファッションをすれば、あなたの評価が高くなります。 しかし、若者の給料が下がっている現状があります。毎月のファッション代には限界があり ...

-旅行
-

Copyright© はむログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.