Music

【オーディオデバイス】 プチプチノイズの原因と対処について

投稿日:

雑音

ソフトなのかハードなのか

先日、FCA610というオーディオインターフェイスを購入しました。

音質も良く使い勝手も悪くなかったのですが、
ときおりプチプチノイズが発生するようになったんです。
買ったばかりでこれは辛い…。

いくつか原因となるものを考え対処してみました。
現在は安定しています。

意外と簡単な部分で見落としがあったりするんですよね。
ノイズに悩まれている方は参考にして下さい。

SPONSORED LINK

原因と考えられたもの

斜め撮り

まず重要なのが「音が鳴る」ということ。
音が鳴らないのであればハードが認識されていないか、ケーブルの接続ミスの可能性が大です。

私の場合は音が普通になるが、
時おり「プチッ」というノイズと共に音が不通になりました。

まず疑ったのは以下の2点です。

レイテンシ

ASIOドライバを使用しています。
音の感度を高めれば高めるほどCPUの負担が増加します。
その結果、音の遅れや歪みが発生します。

まずはレイテンシを遅めに設定してみましょう。

最新のドライバ

ドライバが過去のバージョンだとノイズが発生する可能性があります。
メーカーの商品ページで確認しましょう。

まだ改善されず

改めて状況を確認してみました。

・プチノイズが発生した場合、オーディオインターフェイスに音として認識されている。
(LEDが点灯するため)
・PCの方では発生していない
(PCにヘッドフォンを接続しても問題が無かったため)

ハード面の原因

ここまで来ると怪しいのはコネクタとケーブルです。

以前使用していたGO46では問題なく音が聞こえていました。
が、最終的にデジタルオーディオが認識されずに音が鳴らなくなったんですよ。
FCA610でもGO46で使用していたFWケーブルで接続していました。

もしかしたらコレの異常か…。付属のケーブルに変えてみることに。

直った!

ソフト面ばかりを疑うものじゃないですね。
GO46の時も認識されないのはドライバの異常だと思っていました。
もしかしたらケーブルが断線気味だっただけかもしれません。

数年使っているようなら新しいケーブルを買った方が良いかもしれません。

昔に比べて値段も安くなってきましたね。

今回はケーブル異常でしたが、他にも原因となる箇所はあります。
(ヘッドフォンのコネクタやオーディオインターフェイスへの接続不良)

大事なのは「どこまで音が正常に鳴っているか」です。
ノイズは原因があり、必ず復旧できます。
諦めずに対処してきましょう。その過程が勉強になりますよ。

SPONSORED LINK

-Music
-

Copyright© はむログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.