一発屋記事とロングテール記事により、人を効率良く呼び込む

   

大砲

時にはユーモラスな内容も必要

記事のアクセス数を見ていて気づいたことがあります。
ツイッターやSNSから一気にアクセス数を集める「一発屋」と、
数ヶ月経過しても一定のアクセス数を集める「ロングテール」の2種類が存在することです。

最終的にはロングテール記事の方が集客数が多いのですが、
一発屋記事にも有効な使い方があります。
それぞれの特徴を知って効率良く人を集めましょう。

SPONSORED LINK

一発屋記事の特徴

スタイリッシュ

私の場合は音楽活動・同人活動系のフォロワーが多いため、
音楽ソフトの使い方・ボーカロイドの面白記事に火が付きます。
心理学・血液型・占いのような分野は誰しもが分かるため興味を持たれやすいです。

特徴として、1~3日で300~500アクセスを集めます。
(場合によっては数1,000アクセスになることも!)
その後は収束し、1日数アクセス程度に留まります。

そのため、アフィリエイト的にも大きな成果はありません。

別記事に誘導する事が目的

メリットはたくさんの人にブログを知ってもらえることです。
意外と多くの人が別ページを閲覧してくれました。
人の興味は1つではありません。

たまたま覗いたページで自分に有益な事があればラッキーじゃないですか。
一発屋記事は1つの分野に特化していないブログでは有効な手段です。

ロングテール記事とは

ドカンと爆発する事はありませんが、常に一定のアクセスを集める記事です。
例えばハウツー関係
音楽ソフトの使い方や、ファッションのコーディネートのようなものです。

googleなどの検索サイトから流入するため、検索上位に入り込むと安定したアクセス数となります。
内容に興味ある人が来るため、同じカテゴリのページをほぼ見てもらえます。
アフィリエイト的にもアドセンスには目的に応じた広告が表示されるため、
クリック率が高くなります。

ただし、記事のボリュームが少ない場合、人がまったく集まらない可能性も有ります。
途中で更新する事も考え、長く育てていかなければいけません。

同じ分野を充実させる必要

当サイトの場合は色んな分野に分かれています。
記事数の少ないカテゴリが検索上位に上がったとしても、
他記事を見てもらえる可能性は少ないです。
(人は必要な情報以外をノイズ扱いする考えがあるため)

サイト立ち上げ時は、各分野の記事を10ずつ書くことを目標としましょう。

どの程度の頻度で使い分けるのか

常に一発屋記事を書いてばかりでは固定ユーザーは集まりません。
(そもそも、内容に限界も有りますし)

基本はロングテールを狙った記事を充実させていき、
30記事に1回くらい面白記事を書いてみるのが良いでしょう。
ちょっとした息抜きにもなります。

会社と同じでブログ運営にも波があります。
今回のように記事内容も考えて、色んな方法を試してみましょう。

SPONSORED LINK

おすすめ記事

1
【メンズファッション】節約しながらオシャレを楽しむコツのまとめ

ファッションは「ただ身につけるもの」ではありません。その場に合ったファッションを ...

2
元プロカメラマンが初めてのミラーレス一眼でOLYMPUS PENを選んだ理由

ミラーレスなのに一眼レフレベルの撮影が可能 キレイな写真、心に響く写真を撮影した ...

3
【住宅セミナーを受けて分かった】年収300万円台でも注文住宅を建てられるコツ

もう、中古物件・建売を買うメリットは無いのかもしれない 結婚を期にマイホームを建 ...

4
人気の腕時計を探すより作っちゃえ!17,600円から腕時計がオーダーできるサイト

「腕時計欲しいんだけどピンと来るのが無いんだよなー。お勧めでも調べてみるか。」と ...

 - ブログのアクセス向上