Wordpress ブログのアクセス向上

朝ドラとと姉ちゃんから学ぶ、ブログのアクセスアップと運営方法

投稿日:

黒電話

今、視聴率を集めている朝ドラ「とと姉ちゃん」をご存知でしょうか。

戦後に誕生した「暮らしの手帖」という雑誌を出版した大橋鎭子さんの生涯をモチーフに描いているドラマです。出版社が舞台ということもあり、ブログの運営に大変役立つ言葉が何度も出てきています。

特にためになった内容をまとめましたので、ブログ運営の参考にして頂ければ幸いです。

SPONSORED LINK

1.広告主の意向に沿いすぎない

緑色のパスタ

ブログで収益を得るには広告を載せなければなりません。

アドセンスのようにクリックでお金が貰える広告と、アフィリエイトのようにユーザーがサービスを購入してお金を得る広告があります。

どちらにせよ、ユーザーに広告の興味を持って貰わないといけません。

そのため、広告主が「これは良い商品だ!」と言えば、良い商品として紹介しないといけませんよね。けれど、あなたは100%その商品を良いと思っているでしょうか。思っていない場合、広告主の考えにより、あなたの考えを曲げていることになります。

とと姉ちゃんでも雑誌に広告を載せたため、広告主の言うことを聞くことになる場面がありました。その結果、雑誌の方向性がぶれ、読者に正しい情報を伝えられなくなりました。(ドラマでは、結局その広告主を断りました。)

ダメな部分はダメと言う勇気

サービスを売る際、そのサービスを絶賛する必要はありません。良いサービスには高い価格が必要なように、何かしらのデメリットがあります。

肌がキレイになるけど、手間隙がかかる商品があったとしましょう。あなたには手間隙がデメリットかもしれません。しかし、手間隙以上に肌のキレイさを求めるユーザーは必ずいます。

悪い部分は正直に悪いと言うこともユーザーへのメリットになります。

売り上げを取るか、ユーザーへの情報を取るか

売り上げや報酬に目がくらみ、広告をたくさん載せたとしましょう。ユーザーはあなたが思っている以上に正しい目を持っています。「うさんくさい。」と思い、あなたのブログから離脱してしまいます。

とと姉ちゃんでも、会社存続のために一時的に広告を載せました。

広告を非掲載にし、より良い情報を掲載した所、売り上げ部数がおよそ7倍になり会社存続となりました。

ユーザーへより良い情報を伝えることが広告を増やすよりも売り上げにつながります。

2.正しい情報を伝える

古い英字新聞

先ほどお伝えした「広告主の意向に沿いすぎない」と重複する部分ではありますが、正しい情報をユーザーに届けることがブログのアクセスアップにつながります。

世の中には「これ、本当に効果があるの?」という商品が溢れています。

口に咥えて上下に振るだけで顔の筋肉が鍛えられるアイテム。腹筋につけるだけで腹筋が鍛えられるアイテムなど、ラクして身体を鍛えるものって信憑性に欠けますよね。

その商品を使っても居ないのに「効果がある!」というのは意味がありません。

商品テストが信頼性を与える

とと姉ちゃんでも、商品テストを行い商品の正しさを実証して雑誌に掲載しました。

自分なりに商品を使わないと「ウソっぽさ」や、「商品の売り文句」を繰り返す形になります。あなたが商品を使い、効果があるかを判断することが雑誌に信頼性を与えるように、ブログにも信頼性を与えます。

真似されないオリジナリティ

とと姉ちゃんが「あなたの暮らし」の1巻を販売したところ、直ぐに似たような雑誌が登場して売り上げが激減してしまいました。

現在、ほぼ全ての情報に関してブログが作られています。インターネット回線のブログでも5つ以上のブログが見つかります。

読者が集まり、長続きするブログを作るには真似をされないオリジナリティが必要です。そのため、商品テストなど手間隙のかけたコンテンツが必要になります。

3.伝えたい部分を曲げない

会話をする人たちのシルエット

とと姉ちゃんが作った「あなたの暮らし」という雑誌は、貧しい人たちの生活が少しでもラクになるための情報をお届けする雑誌です。

料理学校の広告を載せたため、タイやパイ生地を使った料理を掲載しろと迫られた場面がありました。当然、貧しい人たちが作れる料理ではありません。そこでとと姉ちゃんは広告を蹴りました。

売り上げのためにあなたのブログの根本を変える必要はありません。

同じように、批判コメントが多いからと言って、ブログの内容を変更する必要もありません。

ぶれた運営はユーザーを離脱させる

当ブログの場合は私が興味を持ったものをひたすら書き続ける内容になっています。別ブログで恋愛や転職に特化した情報を扱っています。

例えば、私はスウェットファッションが好きではありません。部屋着過ぎるし、TPOを考えると使える場面が無いためです。

スウェットファッションがバカ売れしたと言って、急に広告を載せるとユーザーは離脱してしまいます。私のブログを愛読してくれるユーザーは私と同じ考えの人たちだからです。

あなたの考えが売り上げや欲に負けてぶれてしまうと、結果的にユーザーが減り、売り上げも落ちることになります。

4.特別なコンテンツを作る

航空ショー

とと姉ちゃんでは、編集長の花山がいつも「目玉特集」に頭を悩ませています。

ブログでも特別なコンテンツが必要です。

ブログでアクセスアップをする為の方法。ファッションセンスを上げる方法など、あなたが力を入れた項目が人を集めます。

「目玉」が人を集める

目玉特集を見てユーザーが雑誌を買うように、目玉コンテンツが検索からユーザーを集めます。

目玉コンテンツの無いブログは何を見れば良いのか分かりません。

当ブログも情報が多すぎて乱雑になっていますが、

  • 脱毛特集
  • ファッション特集
  • マイホーム特集

など、いくつかの目玉コンテンツがあります。特にファッションとマイホームは1日で1,000人以上の人を集める大コンテンツになっています。

記事を書く際も、大きな特集として書いているのか、単発ネタとして書いているのかを自覚しておきましょう。

5.ユーザーの立場になって考える

たくさんのユーザー

例えば腕時計の特集を組むとしましょう。

腕時計の紹介文章として「力強い波のような男らしさ」と言うように、情緒あふれる言葉を選ぶのはマイナスです。分かりやすく「老舗腕時計メーカーの〇〇が作った、耐水性の強い腕時計」と紹介した方がユーザーは分かりやすいですよね。

とと姉ちゃんでも、秋色ワンピースを紹介する際にタイトル付けに悩んでいました。

商品選びはもちろんのこと、言葉選びもユーザーが分かりやすいように心がけないといけません。

自分が欲しいものより、ユーザーが興味を持つもの

当ブログの場合、私が好き勝手に興味を持ったことを書いています。その結果、当ブログに集まってくるユーザーは私と似たような「こだわりの強い男性」がほとんどです。

そこで私が「100円均一で使いやすいもの」を書いたとしても、ユーザーは興味を持ちません。当ブログの場合、私がこだわっているものがユーザーの興味を持つものになっています。

恋愛系ブログで仕事情報を扱っても誰も見ません。自分が書きたいことを書くのなら、そのようなブログを立ち上げる必要があります。

自分よりもユーザーの悩みを解決する視点でブログ作成をしましょう。

そうすれば、耐水性の強い腕時計を売りたい場合も「海でも錆びない腕時計がこちら。」と言うタイトル付けが良いと分かるようになります。

まとめ

ブログ勉強を開始して早4年。初期の頃に比べればタイトル付けも分かるようになりました。それでもとと姉ちゃんを見て学ぶ点がたくさんありました。

大切なのは基本です。

  • ユーザーの目線に立つ
  • 広告を増やすことが売り上げにはつながらない
  • 正しい情報を分かりやすく伝える

こういったことを守り続けていれば、必ず人が集まるブログになりますよ。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-Wordpress, ブログのアクセス向上

Copyright© はむログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.