Fashion

冬の定番 暖かいメルトンアウターを生地で選ぶコツ

更新日:

コーヒーを飲む男性

「温かそうなコートを見つけたんだけど、メルトン素材って買いてある。メルトン素材って何なの?選ぶ基準とかあるの?」

とお悩みでは無いでしょうか。

 

今や『メルトン生地』は冬素材の定番品。スタジャンから様々なコート・シャツにまで使われています。

メルトン=生地を圧縮したもの

なので、メルトンでも良い・悪いがあるんです。選び方を間違えると全く暖かみの無い、毛玉だらけのアウターをになる恐れがあります。

そこで今回は『メルトンアウター』を選ぶコツをお教えします。

SPONSORED LINK

メルトン生地とは。使う時期や取り扱い方について

メルトンとは生地を圧縮したものです。最近はウールを圧縮したものが定番となっています。

特徴は、

  • 圧縮により密度が濃くなり風を通さない
  • 保温性に優れている
  • 加工が容易

の3点。冬にピッタリな素材なので冬アウターに幅広く使われています。

保温性が高いので地域にもよりますが11月半ば~3月の冬シーズンに活躍します。

メルトンの多くはウール素材を圧縮されているため毛玉になりやすくゴミを吸着しやすい欠点があります。帰宅後のブラッシングは必須。手入れをしないと虫食いになりやすいアイテムです。

 

高品質なメルトンの特徴と見抜き方

あまり知られていませんが、メルトンは値段により品質が全く違います。

理由は圧縮率。例えば、たくさんのウールを圧縮すればより密度の高いメルトンができます。

密度の高いメルトンは、

  • 保温性が高い
  • 防水性が高い(雨を弾くほど)
  • 重い

 

という特徴があります。

雨に弱いメルトンコートは粗悪品

「メルトンって寒いし雨で直ぐ湿っちゃう。」とお思いのあなた。それは安いメルトンコートを買ったためです。

ウールメルトンはウール素材なので雨に強いわけではありません。しかし、2万円~3万円のセレクトショップで販売されているメルトンコートは小雨を弾きます。それほど密度が高いためです。

密度が高いので当然保温性も大。ダウンジャケットまでは行きませんが、雪の日に着ても平気なほど暖かいものです。

通販で販売されている3,000円前後のメルトンコートはペラペラのシャツのようなもの。とてもアウターとして使えるものではありません。

高品質なメルトンコートの実例

ダッフルコート
こちらは私が購入したシュリセルというメーカーのダッフルコートです。定価は30,000円。

普通のメルトンの2倍以上の綿を使い、水も弾く優れもの。他の物より断然温かいのですが、肩が凝るほど重いです。運動性も良く有りません。

袖のアップ
生地をアップにするとこんな感じ。あまり毛が外に出ていないのが分かります。手入れも簡単で、日々の乾燥とブラッシングだけで汚れが取れます。

この実例を元に高品質なメルトン生地の見抜き方をまとめると、

  1. 毛羽立ちが無い
  2. 重い
  3. 触った時に厚みを感じる

の3点になります。

安価なメルトンコートの実例

ボイコットのコート
こちらはBOYCOTTのコート。定価10,000円。セールで5,000円。

裏地付きなのに真冬には使えないほど保温性が悪いです。初冬や春先には使えるかなというレベル。ただしジャケット感覚で使えるほど軽く、動きやすいです。

袖付近
袖口はこんな感じ。輪郭がボヤボヤしているのが分かるかと思います。これ、ほとんど毛玉なんですよね。ブラッシングしても毛が取れてしまうため、2~3年が寿命だと思われます。(その後、3年後にボロボロになり使えなくなりました。)

メルトンアウターを買う際の注意点

メルトンは一生使える素材ではありません。どれほど高品質なメルトンアウターを購入しても、素材がウールなら何度もブラッシングすることで痛んできます。

他の生地と組み合わされているアウターを買う際は注意しましょう。

袖だけ本革素材のメルトンスタジャンが良い例ですね。本革部分は手入れすれば一生持つ素材です。先にメルトンが痛んできます。

 

次にアウターの色。私自身、黒色を買って失敗したなと感じています。理由はほこりが目立つため。

静電気で外のホコリを吸着します。黒色だとホコリが目立つんです。もちろん毎日のブラッシングでも取りきれない毛玉ができます。黒色だと毛玉が目立ちます。

 

 

メルトンアウターにはブラシが必須

先ほどお話した通り、ほとんどのメルトンは綿なので湿度や汚れに弱いです。高品質メルトンが雨を弾くとはいえ、湿度を吸収するのは別の話。着た後は木製のハンガーにかけ、1日乾燥させましょう。

外出後は目に見えないほこりがたくさん付着しています。

動物性のブラシで落としてあげましょう。それだけで虫の被害も防げます。毛玉・毛羽立ちも抑えることが可能です。

まとめ

最近は粗悪なメルトンアウターを見る機会が減りました。でも、通販だと「どうしてメルトンがこの価格で販売できるの?」って思うものが見つかります。

最低でも10,000円前後のものを買うと良いですよ。

「メルトンってこんなに良い素材だったんだ。」とビックリすると思いますから。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

【厳選】2017年冬のお勧めアイテム

 私がお勧めしている【CAMBIO】【スプートニクス】の中から季節ごとのイチオシアイテムをランキング形式でご紹介します。

新アイテムでお勧め品が登場するたびに更新しますので、是非ご覧下さい。

【CAMBIO】 コーチジャケット

CAMBIOの新作コーチジャケットになります。本来ストリート的なアイテムですが、全体的に光沢があり全てを『黒』でまとめたシックなデザインになっています。他店には無い、上品なストリートコーデを楽しめるハイブリッドなアイテムです。

この春、私も狙っているイチオシ品。

【CAMBIO】German Cross Stretch Short Mods コート

ショート丈のモッズコート。首元に大きなフードが付いているのが特徴でスヌードを巻いたような小顔効果があります。MA-1のデザインも取り入れており、シンプルで都会的な印象を与える1着。冬だけでなく秋冬も活躍する便利アイテム。

【スプートニクス】イタリアンカラー ジャンパー・ブルゾン

スプートニクスのオリジナルブランド【SPU】の定番アウター。無駄の無いデザインと大きな襟元がドレッシーな印象を与えます。デートなどキレイ目コーデが必要な場面でお勧め。アンダー10,000円のプチプライスも嬉しい。

おすすめ記事

1

ファッションは「ただ身につけるもの」ではありません。その場に合ったファッションをすれば、あなたの評価が高くなります。 しかし、若者の給料が下がっている現状があります。毎月のファッション代には限界があり ...

-Fashion

Copyright© はむログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.