ライフスタイル

オール電化に否定的だった私がもう電気+ガスに戻れない5つの理由

投稿日:

私も皆さんと同じように、オール電化に嫌悪感を持っていました。

  • ガスじゃないと美味しくご飯が作れない
  • 停電になったら終わり
  • 結局、高いんじゃないの?

というイメージです。しかし、マイホームの注文住宅の標準装備がオール電化だったため、ガスを諦めることになりました。

結果、

「オール電化メチャメチャ良いじゃん!どうしてガスにこだわっていたんだろう。」

という状態になったので皆さまにも理由を5つに分けてご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

オール電化嫌いだった私がガスに戻れない5つの理由

では、詳しくお話します。

プロパンガス+アパートより光熱費が10,000円安い

私はマイホームの前に2DKのアパートで妻と暮らしておりました。

光熱費は真冬のエアコン暖房使用時で

  • 電気 12,000円
  • ガス 10,000円

でした。

マイホームでは真冬のエアコン暖房使用時で、

  • 電気 12,000円

のみです。

理由としては全て最新の家電を使っているので電気代が安く抑えられている点が考えられます。ご存知かもしれませんが、プロパンガスは値段がかなり高めです。都市ガスならプロパンに比べて半額以下になることもあります。

節約がしやすい

オール電化はガスに比べて節約の方法が増えます。

  1. 夜間電力を中心に使用する
  2. LED電球など、電力消費の少ない製品を取り入れる
  3. 電力会社を変更する

などです。

私は上記の全てを取り入れています。電球はダウンライトを中心に全てLEDを使用しています。食器洗い機やエコキュートは夜間に作動するように設定しています。

TIPS:LED電球について

昔は高かったLED電球。今では598円で販売されるようになりました。アパートでもどこでも使えます。節約になるので、どうぞ実践して下さい。寿命も長いです。

調理に時間が掛からない

IHは熱伝導がガスよりも良いです。

私の感覚になりますが、ガスに比べて半分の時間でフライパンが温まります。

今までに比べて調理時間が早くなりました。ガスと違いコンロを使用しません。IHヒーターは平らなので掃除が楽です。調理温度もボタン1つで操作できます。

TIPS:IHのデメリット

私が感じたIHのデメリットは以下の通りです。

  • 専用の調理器具を使用しなければならない
  • フライパンを離すと温まらない(ただし、電熱線のヒーターも付属しているため、そちらを使用すれば問題無し。こちらならIH専用調理機具を使用しなくても調理可能です。)
  • プロのように、微妙な火加減を必要とする場面では熟練を要する。

ガスに比べて安全な面が多い

アパート暮らしの時、ガスコンロを点けた際に異臭を感じたことがあります。ガスもれの恐れがあるためガス会社に連絡しました。

オール電化ではガスを使用しないため、ガスもれの恐れがありません。

IHは専用の道具以外には反応しないため、触っても熱くなりません。加熱した鍋などは熱くなりますが、IHコンロそのものを触っても火傷の心配がありません。

火を使わないため、火に食材が落ちて燃えてしまう恐れもありません。

掃除が楽

先ほども触れましたが、IHコンロは平らなため掃除が楽です。

そのため、

  • 大掃除のキッチン掃除が30分短縮できる
  • 汚れないので、防虫になる
  • コンロ付近の汚れに引火する危険が無い

というメリットがあります。普段からタオルでサッと拭くだけで掃除が終わります。油汚れも簡単に落とせます。

オール電化の不安点

ただし、不安な点が無いわけではありません。

具体的には、

  • 火を日常的に使わなくなるため、子供の教育にどのような影響を与えるか未知数。小型のガスコンロ等で学ばせる必要があるかもしれない。
  • 長時間停電の際の火種が無い。(チャッカマン等を日常的に準備する必要がある。)
  • 電気代が高騰した場合、家計に大打撃になる。

という点です。

停電の際、明かり目的でガスを使いたいと考える人が居ます。しかし、ガスコンロを点けた所で明るさには限界があります。暗い中でコンロを点けた方が危険でしょう。火種として活用すべきだと私は考えます。いつでも使える火種がある点はガスのメリットです。

子供に「火は怖い」と教えるのも大変です。身近に接していないと心から火の恐ろしさを感じさせることが難しいためです。花火など、熱さを感じる遊びで経験させる必要があるでしょう。

まとめ

私がもう1度ガスを使うかと聞かれれば、使わないと答えます。

やっぱり節約が1番大きいですね。1ヶ月1万円節約になったとすれば、1年で12万。40年で480万円になります。そこまで節約にはならないでしょうが、死ぬまでに200~300万円の節約にはなると思います。

ちなみにパナソニックのショウルームだとオール電化体験もできますよ。

ショウルームへ | オール電化 | Panasonic
パナソニックのオール電化の商品の紹介と暮らしの快適、便利をご提案するページです。

試す前から毛嫌いするのは勿体無いです。節約したいなーと漠然と考えている主婦の皆さん。どうぞお試し下さい。

SPONSORED LINK

-ライフスタイル,

Copyright© はむログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.