Fashion

汗っかき男子の夏ファッション「リネン」と「ガーゼ」生地でマイナス3℃?!

投稿日:

透け感のあるリネンシャツ

薄着でも生地が悪いと意味が無い

6月も中旬になりました。連日30℃を超えるようになり、暑がりな男子には辛い季節がやってきました。

さて、皆さんはどのように涼しさをファッションに取り入れていますか?Tシャツ1枚で過ごすなど、ひたすらに薄着にしていませんか?それではオシャレは楽しめませんよね。暑くてもシャツやカーディガンを取り入れて夏スタイルを楽しみたいものです。

そこで、今回は「夏の生地」についてお話します。生地が違うと吸汗性も違えば体感温度も違います。今年の夏を涼しくオシャレに過ごしましょう。

SPONSORED LINK

天然素材を取り入れよう

By: OliBac

夏に絶対使ってはいけない素材。それが合成繊維・・・ポリエステルなどです。汗をかいた時にベチャっと肌にまとわり付いてくる不快感。これは服が汗を吸わないから起こる現象です。合成繊維は汗を吸いません

そこで、綿・・・リネン素材やガーゼ素材が登場します。

繊維が強く、通気性に優れている

最近、ユニクロやファッションブランドのCMで「プレミアムリネン」という名前を耳にしますよね。

 

リネン素材とは、フラックスと呼ばれる麻の一種から加工された繊維です。自然な天然繊維の一つであり、品の良い心地よさのある素材として私たちの生活の中に馴染んでいます。

参考 メンズファッション+

 

江戸時代より前から使われていた素材で、しっかりした耐久性が自慢です。日本の高温多湿の風土に合っており、冬は暖か、夏は涼しく過ごすことができます。

合成繊維より吸汗性が高い

夏に絶対必要なのが吸汗性!

汗を吸う吸わないで体感温度が3℃は違います!

肌に密着するタイプのポリエステルインナーを着たことがありますが、熱中症になりました。汗を吸わないため服の内側で温度と湿度が上がったためです。肌に触れるものは必ず合成繊維にしましょう。

リネンシャツもインナーがタンクトップなら袖部分が肌に触れますよね。ここが合成繊維だと汗疹の原因になります。アトピーなど肌の弱い男性にもおすすめの素材です。

ゴワゴワ感が肌にヒンヤリ感を与える

リネンは独特のゴワゴワ感があります。生地が太いためざっくりとした作りになるためです。

凹凸が服に風を通してくれます。

吸汗性があり、風を通してくれるため汗が蒸発します。嫌な臭いも減りますし、体感温度もぐんぐん下がっていきます。

最近はオシャレなリネンシャツも増えてきました。数着まとめ買いするのもおすすめですよ。

リネンシャツのおすすめ商品+コーディネート

今回もSPUTNICKSから良さそうなリネンが出ていましたのでご紹介します。

胸元がざっくり開いた「スキッパー襟」のリネンです。図のようにホワイトのパンツ+ネイビーシャツで見た目も爽やかな印象になります。シワ加工されているため、洗いざらしでも簡単に着られます

チェックシャツタイプも登場しました。これならジーパンとも簡単に合わせられますね。

こちらは素材にこだわったプレミアムリネン100%のアイテム。ごわっとしていますが、品の良さがありますのでジャケットと相性抜群です。夏でもオシャレに食事したい時に使えますね。

まとめ

オシャレには季節感が大切です。リネンはとにかく印象が爽やかになります。男女問わず好まれるアイテムなので、ファッション初心者にもおすすめです。迷ったら1着取り入れてみましょう。

SPONSORED LINK

-Fashion
-

Copyright© はむログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.