ロープライスメンズ服でもコスパの高い5アイテム

   

ユニクロ・無印良品・guなど、ロープライス品を扱うメンズ服ブランドにも高価格帯のブランドに負けない品質のアイテムがあります。

今回はユニクロ・無印+1ブランドの中から私も実際に購入したコスパの高いアイテムを5つご紹介します。期間限定セール等で全てお得に揃えれば5アイテムでもたったの12,650円。どれも合わせやすいアイテムなので買って困ることもありません。

どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

お勧めロープライスメンズ服5点

ユニクロや無印は安かろう悪かろうではありません。昔はデザイン的に難があり、H&MやZARAに比べて「ダサい」イメージがありました。今は率先してユニクロを買う人が居るように「オシャレイメージ」が根付いた感があります。雑誌でも特集されていますし、CM効果も大きいでしょう。

安くて良いアイテムを有効に使えると、負担にならずファッションを楽しめるようになります。今回ご紹介するアイテムは私が実際に購入し良かったと思うアイテムばかりです。ご参考になれば幸いです。

無印良品のバスクシャツ

首周りがスクエア上になっている、肉厚なバスクシャツです。(ボーダーカットソー明記で販売されています。)

肉厚な生地はヘビーに洗っても問題なし。程よい風合いが生まれ、どんなコーデにも馴染むようになります。普段は3,990円ですが期間限定で2,990円で販売されることもあります。

数種類のデザインがありますが、お勧めは写真のネイビーとホワイト、またはブラックとホワイトのモデルです。

干し方により首回りだけ伸びやすいので、アイロンをかけてシワを伸ばすことをお勧めします。2年や3年は平気で使えるコスパ抜群な1枚です。

ユニクロのイージーアンクルパンツ

ジーンズと違い、簡単にキレイ目コーデになれる便利な1本。人気のアンクル丈なのでトレンド感もあります。ウエストはゴムが入っているため履きやすく、カジュアルからビジネスまで幅広く使えます。

ちょっとラフな「スラックス」なので、大人っぽいスタイルを取り入れたい方にお勧めです。写真のようなグレーを買えば黒のトップスとも合わせやすくなります。

期間限定価格時なら1,990円で購入可能。スラックス初心者は買うべき。

※ついつい色違いで黒も購入しました。生地が薄めなので春~初秋まで活躍できます。

無印良品の洗いざらしブロードシャツ

ちょい丈の長めなユニクロシャツに比べると、無印のシャツは短めで使いやすい丈です。柔らかな肌触りで洗いざらした風合いがあり、カットソーのように使い込める白シャツです。少し大きめの襟がドレス感を強めており、普段使いできるのに大人っぽさを感じられます。

無印良品の定番品ですが、定番だからこその良さがありますね。ちなみにアイロンをかければパリっとしますので、値段の高めのオシャレな飲食店も入れる雰囲気になりますよ。

ユニクロのワークシャツ

シンプルなデザインと合わせやすい色合いがユニクロ製品とは思えません。キレイにアイロン掛けされ、畳まれた状態で販売されていますが、写真のように洗い加工すればミリタリー感が出ます。5,000円以上のシャツと言っても十分に通用します。期間限定価格で1,990円。ユニクロだから実現できた価格でしょう。

写真のネイビーもお勧めですが、カーキもトレンド感があります。どちらもボーダー柄アイテムと相性が良いので使いやすいです。

【実験】本当にユニクロのワークシャツは洗うとクオリティが上がるのか?
先日買ったユニクロのワークシャツ。有名ファッションバイヤーのMBさんが「洗うと良いよ。」と記事にしていたため、私も洗ってみました。その結果と感想をお話しますので、皆さまの参考になれば幸いです。ユニクロワークシャツを洗った結果前の記事がこちらです。洗...

HARE×wjkのVネックボーダーカットソー

袖部分が短めなのでルーズに見えません。Vネックも浅めなので大人っぽい印象を与えます。

wjkとのコラボ製品だけあって品質も良し。写真は既に2年間着古した後。首のヨレはほとんど無く、毛羽立ちもありません。WEB限定製品なのだけ惜しいです。税込み2,700円。ZOZOTOWNのランキングでも常に上位に食い込み人気商品です。

「毎年ZOZOTOWNランキング1位!」HAREのボーダーインナーのレビュー
納得のコストパフォーマンス!「HARE」と聞いてどんな印象をお持ちでしょう? 大学生ブランド、デザイン性だけの中途半端なブランド。高い人気のわりに悪い印象も出回っています。私は1着も買ったことが無いため実際はどんなものなのか気になっていました。ここ数年間...

まとめ

シンプルなオシャレなら無印とユニクロだけで十分可能です。一部製品はセレクトショップに負けないクオリティですし、取り合えずワードロープに加えておくのもアリだと思います。

基本的なアイテムはロープライス製品で整えておき、一部こだわりのあるアイテムにお金を掛けるとコスパ良くファッションが楽しめますよ。

SPONSORED LINK

おすすめ記事

1
【メンズファッション】節約しながらオシャレを楽しむコツのまとめ

ファッションは「ただ身につけるもの」ではありません。その場に合ったファッションを ...

2
元プロカメラマンが初めてのミラーレス一眼でOLYMPUS PENを選んだ理由

ミラーレスなのに一眼レフレベルの撮影が可能 キレイな写真、心に響く写真を撮影した ...

3
【住宅セミナーを受けて分かった】年収300万円台でも注文住宅を建てられるコツ

もう、中古物件・建売を買うメリットは無いのかもしれない 結婚を期にマイホームを建 ...

4
人気の腕時計を探すより作っちゃえ!17,600円から腕時計がオーダーできるサイト

「腕時計欲しいんだけどピンと来るのが無いんだよなー。お勧めでも調べてみるか。」と ...

 - Fashion, ファッション講座 ,