「メンズ服って何を揃えておけば良いの?」とお悩みのあなたへ

   

「メンズ服って色々あるけど、結局何を揃えておけば安心なの?」と思いませんか?

白シャツでも色んなブランドが販売しています。素材がどうとか、着丈がどうとか、言われてもピンと来ません。何を買えば良いか具体的に分かれば楽チンじゃないですか。

先日。その悩みに答えるような本をファッションブロガーのMBさんが出したんです。購入したのでご紹介します。

結論から言うと、この1冊さえあれば翌日からオシャレになれるような内容でした。

SPONSORED LINK

ありそうで無かった、ファッションの教科書

その本がこちら。毎日コーディネート塾(ほぼユニクロ)です。タイトルよりホリエモンに目がいっちゃいますねw

この本の凄いところが、

  • 紹介アイテムのほとんどがユニクロ+GU
  • オシャレとは何なのかが具体的に書いてある
  • 何を買い、何と合わせれば良いのかが分かる

の3点です。

どうしてユニクロでオシャレができるのか

私もブログで書いていますが、ユニクロは下手なブランドより良い服が売っています。大量生産や有名メーカーとの提携により、破格の値段で高品質のアイテムを販売しています。

ほとんどのファッションブランドの原価率が20%前後に対し、ユニクロは38%。同じ2,000円の服を買っても、ユニクロの方が素材にお金を掛けていることが分かります。

ユニクロが「オシャレじゃない。」と思われているのは、

  • 大衆向けのシンプルなデザイン
  • 知られすぎている

の2点が原因です。

最近は世界的に有名なデザイナーとのコラボや身体のラインがキレイに見えるようなデニムを製作しています。ユニクロはデザイン的にも素晴らしいブランドになりました。

カジュアルなアイテムも、独創的なアイテムも、定番アイテムも全て揃えられます。なので、どのシャツとパンツを合わせれば良いのか。と言うファッションの答えさえ分かればユニクロだけでも十分にオシャレが楽しめます。

私が早速購入したもの

で、私が毎日コーディネート塾を読んだ後に買い足したのがこちら。

ボートネックのボーダーTシャツ2枚にネイビーのワークシャツです。

春先にバスクシャツが欲しかったのですが、ボートネックで使いやすそうなアイテムが販売されていたのでこちらにしました。ワークシャツもセレクトショップに負けない質感で、使い勝手が良いです。

セレクトショップレベルは本当?ユニクロのワークシャツが期待以上だった話
ユニクロのワークシャツが「セレクトショップに売っていても問題無いほどの出来栄え。」と言われていたため、お店で試着してみました。結果。即購入しました。何がそんなに良かったのか、理由を詳しくお話します。ミリタリーデザインの春物を探している方は購入をご...

これにプラスでユニクロUの半袖ニットやアンクル丈のイージーアンクルパンツ、スクエアクリアサングラス、エクストラファインブロードスタンドカラーシャツの白を発注しています。

なぜこれらを買ったのかは毎日コーディネート塾を見れば一目瞭然です。

ファッションは教わった方が良い

毎日コーディネート塾を書いたMBさんのブログをどうぞお読み下さい。

最新の情報は有料のメール会員にならないといけませんが、無料で読める記事だけでも勉強になります。

ファッションを感覚で選ぶのは止めましょう。

いや、感覚で選ぶのも良いのですが、押さえるべきアイテムを買っておかないとコーディネートができなくなります。思わず目を引くようなデザインのアウターばかり揃えても良いファッションはできません。

「これとこれを合わせるとオシャレになるな。」と分かった上で買うのと買わないのでは着る頻度が違います。

格好良いと思って買ったシャツなのに2回しか着なかったことがありませんか?

それは、あなたが考えずにその服を買ったからです。数学と同じようにオシャレにも答えがあります。

お店で聞くのはNG

ただ、お店の店員さんにアレコレ聞くのはお勧めしません。

私もアパレルでアルバイトをしたことがあります。ノルマがあったり、店舗ごとの売上を気にしていると「売ること」に集中してしまいます。似合いそうな服を勧めるのではなく、単価の高い服を勧めることもありました。

また、好みな服は人により違います。

店員さんが良いと言っている服でも、あなたが苦手な服があるでしょう。そういうものを無理して買う必要はありません。

毎日コーディネート塾のようなファッションの教科書で勉強し、オシャレの答えを理解してから自分好みな服を探していけば良いのです。

まとめ

私も最近はユニクロでほとんどの服を買っています。靴やカバン、アウターを別ブランドで買うくらいです。それでもオシャレが楽しめちゃうんですから面白いですよね。

ファッションに悩んでいる人こそ、ファッションを勉強するべきです。

SPONSORED LINK

おすすめ記事

1
【メンズファッション】節約しながらオシャレを楽しむコツのまとめ

ファッションは「ただ身につけるもの」ではありません。その場に合ったファッションを ...

2
元プロカメラマンが初めてのミラーレス一眼でOLYMPUS PENを選んだ理由

ミラーレスなのに一眼レフレベルの撮影が可能 キレイな写真、心に響く写真を撮影した ...

3
【住宅セミナーを受けて分かった】年収300万円台でも注文住宅を建てられるコツ

もう、中古物件・建売を買うメリットは無いのかもしれない 結婚を期にマイホームを建 ...

4
人気の腕時計を探すより作っちゃえ!17,600円から腕時計がオーダーできるサイト

「腕時計欲しいんだけどピンと来るのが無いんだよなー。お勧めでも調べてみるか。」と ...

 - Fashion, ファッション講座