おすすめアイテム

トイカメラでムービー撮影!8mmビデオ『Bee』のアートレベルが凄い

更新日:

beeの使用例、メーカーページより引用

「インスタ映えする面白い写真が撮影したい。」

「レトロなムービーを気軽に撮影できるものって無いの?」

とお考えのあなたへ。

トイカメラのムービー機能が充実してきました。

当記事ではFUUVIより販売されている「Bee」をご紹介します。

片手に収まる小さな形と8mmフィルムのような映像が人気を集めています。

トイカメラのムービー機能はサブ的なものでした。Beeはムービーをメインにしています。

映画の中の雰囲気が簡単に撮影できます。機能や実際に使った例をご紹介しますので、どうぞご覧下さい。

photo by:FUUVI

SPONSORED LINK

1.トイムービーカメラBeeの機能について

Beeは手の平にすっぽり入る大きさのトイデジタルカメラです。

ムービー機能メインになっていますが、トイカメラの仲間だと思って下さい。

他のトイカメラでもムービー撮影ができますが、Beeの特徴は『8mmビデオカメラ』の雰囲気が出せること。

セピア色の昔の映画を見ているような動画が撮影できます。

しかし、ハッキリ言って機能性は良くありません。

①Beeの3つの問題点

Beeにはトイカメラらしい問題点が3つあります。

 

  1. 充電がUSB接続のみ
  2. ISO感度が低く、暗い場所では撮影できない
  3. ファインダーの視野と撮影状態が一致しない

 

どれも『カメラ』『ビデオカメラ』として使うには致命的な欠点です。

ですが、BeeにはBeeでしか撮影できない独特の雰囲気があります。

2.トイムービーカメラBeeを使った撮影例

Beeではムービーだけでなく、カメラ撮影も可能です。

どちらも雰囲気は一緒。

以下、実際に私が撮影した公園での風景です。

公園のレトロ写真

beeで撮影した公園

昔の映画みたいですよね!写真と言うよりアート作品のようです。

 

動画の方はメーカーからサンプルが配信されています。

私が実際にBeeで撮影した動画はこちら。

サビの部分に手や顔が出てきますよね。
これはbeeで撮影して加工したものです。

①Beeが動画製作に向いている理由

実際に使用してみた結果、以下のようなメリットがありました。

  1. 加工やエフェクトが必要ない
  2. 持ち運びが楽

Beeは既にBeeで撮影することがエフェクトのようなもの。

難しい加工等が必要ありません。

そして持ち運びが容易です。手の平サイズなので小さな鞄にも入ります。

走りながらでも撮影できます。

②Beeはこんな人にオススメ

何度もお伝えしているように、BeeにはBeeでしか撮影できない良さがあります。

このメリットを最大限に生かせるのは以下のような状況です。

 

  1. 個人でVJやPVを撮影している
  2. ショートムービーの1シーン
  3. 作品をアートな雰囲気で撮影したい
  4. 子どもとの日常をレトロな雰囲気で残したい

 

普段使いできるビデオカメラではありません。

特別な場面で使いましょう。結婚式のムービーを撮影するのも面白いですね。

今回ご紹介したBeeはこちら

Beeは5,000円以下で購入できる製品でしたが、プレミアが付いています。

現在は数万円でしか購入できません。

今後も値段が上がっていくと考えられますので、気になっている方は早期に購入しましょう。

ホワイトカラーなら手の届く価格で収まっています。

Beeのような写真を普通のカメラで撮影したいなら

オリンパスのPenシリーズはエフェクトが豊富で、ビビットな雰囲気の撮影が可能です。

ムービー撮影もできます。

8mmビデオカメラの雰囲気とは言えませんが、近いイメージの撮影ができます。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

おすすめ記事

1

ファッションは「ただ身につけるもの」ではありません。その場に合ったファッションをすれば、あなたの評価が高くなります。 しかし、若者の給料が下がっている現状があります。毎月のファッション代には限界があり ...

-おすすめアイテム

Copyright© はむログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.