片手に収まる8mmビデオカメラが動画作りに便利!

   

beeの使用例
メーカーFUUVIより転載

レトロで使える凄いやつ!

トイカメラにもムービー機能が充実してきました。
今回ご紹介するのはFUUVIより販売されている「Bee」。

片手に収まる小さな形と8mmフィルムのような映像が人気を集めています。
コンパクトなカメラ・ビデオは記録に便利ですよね。
「bee」は解像度も低く、旅先の映像を記録するには不向きです。
(映像も粗く、色もセピア色になってしまいます。)

しかし、その面白さが発揮できる舞台がありました。
「動画」の素材です。

SPONSORED LINK

使用例

beeでは動画撮影と写真撮影が可能です。
公園を撮影するとこうなります。

公園のレトロ写真

昔の映画みたいですよね!
写真と言うよりアート作品のようです。

動画の方はメーカーからサンプルが配信されています。

私が実際に使用した動画はこちら

サビの部分に手や顔が出てきますよね。
これはbeeで撮影して加工したものです。

beeが動画製作に向いている理由

私が実際に使用してみて良かった部分をまとめていきますね。

USB充電

パソコンに刺すだけで充電可能。
microSDカードでデータ移動出来ますし、USB接続でもパソコンに取り込めます。
とにかく手軽!

エフェクトいらず

最初から面白い映像になるため、細かな加工作業がいりません。
普通のカメラとは違う、PVのような雰囲気が楽しめます。

持ち運びが楽

一眼レフもビデオカメラも重いんですよね。
旅行先では持っていくだけで一苦労。
beeは携帯電話よりも軽く、いつでも鞄に入れておけます。

おっ、これは素材になる!
と思えば簡単に撮影できちゃいます。

注意点

解像度が低いため、映像をアップにすると視聴に耐えません。
色もカラフルなキレイな色には戻せません。
(ビビットモードや夜景モードは存在しません。)

夜は真っ暗になってしまうため撮影出来ません。

試行錯誤を楽しもう

カラーセロハンを使えば特定の色のビビット感を楽しめます。
夜もスポットライトや懐中電灯を使い、
ホラー映画さながらの場面を演出する事が出来ます。

beeの魅力はとにかくレトロな事!
原始的な道具が役立ちます。
最近のデジタルカメラとは間逆の雰囲気を楽しんでみませんか?

詳細

http://www.fuuvi.com/bee/

参考:メーカーの公式サイト

こちらでサンプル映像・フォトを閲覧できます。

値段も5,000円を切ります。
とりあえず動画を撮りたい!という方への入門用にもおすすめです。

SPONSORED LINK

おすすめ記事

1
【メンズファッション】節約しながらオシャレを楽しむコツのまとめ

ファッションは「ただ身につけるもの」ではありません。その場に合ったファッションを ...

2
元プロカメラマンが初めてのミラーレス一眼でOLYMPUS PENを選んだ理由

ミラーレスなのに一眼レフレベルの撮影が可能 キレイな写真、心に響く写真を撮影した ...

3
【住宅セミナーを受けて分かった】年収300万円台でも注文住宅を建てられるコツ

もう、中古物件・建売を買うメリットは無いのかもしれない 結婚を期にマイホームを建 ...

4
人気の腕時計を探すより作っちゃえ!17,600円から腕時計がオーダーできるサイト

「腕時計欲しいんだけどピンと来るのが無いんだよなー。お勧めでも調べてみるか。」と ...

 - おすすめアイテム