コラム

【不景気・飽和した情報】 最近の若者に必要なもの

投稿日:

悩む男性

一度、現実を見て欲しい

誰のコラムだったかな。
凄く胸に響く文章を見つけたんです。

今の若者向けのメッセージでした。

現代の若者はバブルも味わっていなければ、経済の成長も体験できていない。
一方でバブル世代は働かずお金を搾取している。
働くだけ労働力の無駄になると分かっているのであれば、
「頑張れ」とは何と無責任な言葉だろう。

というような内容です。

一方で、働かずお金を貰っているバブル世代も子供を養っています。
それはそれで社会の一端を担っています。

こうした中で若者にどういった言葉を伝えれば良いのでしょうか。

SPONSORED LINK

仕事との付き合い方

オフィス

都市で月給15万円の就職セミナーが開かれたそうです。
4日間働いて3日休み。正社員ではなく、派遣・契約社員です。
面白いほど人が集まって大盛況に終わったとのことでした。

どうせお金が貰えないのなら、自分の時間がある仕事を選んだ方が得。
生きていけるだけの賃金でストレス無く生活していきたい。
そんな若者が増えています。

そりゃそうですよね。
ブラック企業が数多く存在し、残業代が出る会社が珍しい時代です。
手取り18万円で残業100時間を越える企業がどれだけあるでしょう。

報酬の無い無駄な労働をするくらいなら自分の時間にした方が得です。
私は若者の考えが分かります。

未来をどうするか

しかし、その月給では生きていくで手一杯です。
人付き合いの中でコミュニケーション能力は育っていきます。
恋愛も難しいでしょうし、結婚ともなれば不可能でしょう。

会社には波があります。
私の会社も色んな改革が始まり、新天地を求めて同僚が辞めていきました。

過去に何度も転職をしたので社会の実情が分かります。

大きな企業だからお金が貰えるわけではありません。
むしろ、不当な労働を迫られる危険が大です。

社会が悪い・会社が悪いと言って自分を苦しめていては何ともなりません。
未来に向けて、この状況で最善を尽くさなければいけないんです。

選択肢を持つ

年収300万円でも生活は可能です。
生活を楽しくしたいのなら共働きをすれば何とかなります。

男性一人の労働でやっていける時代は終わっています。
だから、男性の力強さ・優しさは仕事外で活躍するべきです。

報酬に限らずコミュニケーション力をつけ、決断力を曇らせないようにしましょう。
そのために必要な事は2つです。

焦ってはいけない

常識外の事が無い限り、仕事は粘り強く続けましょう。
(生活が出来なくなっては意味がありませんが)
前述の通り、会社には波があります。

不景気な時でも耐えて頑張り続ける社員だから、
好景気の時に良くしてあげようと思われます。

急なヒット商品で会社が成長するかもしれません。

転職には時間がかかります。
半年経過したとすれば、その間の個人の負担は100万円以上になります。
(勤務してれば半年分の給料・1回のボーナスがあり、健康保険・国民年金も払えています)

それを取り戻すためには数年~の期間が必要です。
若者の時間はお金より大切では無いでしょうか。

腐ってはいけない

こんな会社で仕事が出来るか!と、怠けてしまってはいけません。
会社で居場所が無くなれば不安になり、悩みに繋がります。

人生の大きな要因は3つ。恋愛・仕事・健康です。
どれか1つが失敗しても何とかなりますが、同時に2つの失敗が圧し掛かると負けてしまいます。

焦らず、未来を信じて頑張ることが若者に求められている能力です。

この先の日本は・・・

来年には消費税10%。食べ物の値段も上がり、負担を強いられます。
先進国の中では裕福と言われていますが、決してそうは思いません。

何かを取り組もうにも情報が飽和しすぎて人と比べてしまいます。
自分より上の人が居れば始める前に投げ出してしまう。

若者の心はより閉ざされるでしょう。

良くなる・良くならないを考えるより、どんな将来にしたいのかを考えましょう。

奥さんと子供が欲しいのなら、共働きしてくれる人を捜さなければいけません。
少ない給料の中でも、自己投資に力を注げば良い奥さんが見つかるはずです。

目的意識をはっきりして生きていけば、
日本に生まれた事がプラスになると思います。
(飽和が恵まれているという視点で捉えられるようになります。)

お金を持っている世代は時に残酷です。
どうして時計を買わないのか。飲みに行かないのか。
自分達の世代の考えを押し付けようとします。
彼らに対して優越感を持ちたいのなら、心から人生を楽しむことです。

彼らも将来に対して不安を持っているはずです。
そんな中「お前は何か楽しそうだな」と言われる人間を目指して下さい。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

おすすめ記事

1

ファッションは「ただ身につけるもの」ではありません。その場に合ったファッションをすれば、あなたの評価が高くなります。 しかし、若者の給料が下がっている現状があります。毎月のファッション代には限界があり ...

-コラム

Copyright© はむログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.