さくらインターネットでcgi/phpの制限を受けたので対処した話

   

ウェブマスターツールの確認作業をしていると、連日一部のブログで503エラーが発生していることを確認。さくらインターネットのサーバーを借りているブログのみで発生していることから、cgi/phpの制限を受けていることが分かりました。

「ブログを重くしていること・・・何かあったかな。プラグインの更新も無いし。」

と悩んでおりました。現在も対処中ですが、ほぼ原因がつかめましたのでご紹介したいと思います。同じように制限で悩んでいる方のご参考になれば幸いです。

SPONSORED LINK

さくらインターネットのcgi/phpの制限とは

さくらのサポート情報によると、

お客様にて設置されたCGIやPHP(コンテンツ)により、サーバに負荷が発生している場合、
制限を設けさせていただく場合があります。

制限の解除につきましては、お客様にて運営されているコンテンツ(プログラム)を
見直していただく必要がございます。

とあります。

さくらインターネットの会員メニューから契約サービス一覧に行き、サーバ設定をクリック。そこからリソース情報を確認します。すると上記の様なコメントが確認できます。

制限により503エラーが発生。一部のユーザーがアクセス時にブログを閲覧できない状況になります。放置しておくとグーグルからの評価が下がる恐れがあります。

ヤバイ!

と感じ、私も早期対処を心がけました。

しかし、エラーが発生し始めた日にプラグインの更新等が無かったんです。明確な原因が分かりません。

私が考えた制限の発生原因

明確な原因が分からないのに制限が発生した場合の可能性は2つ。

  • 海外からの攻撃
  • 常駐プラグインが重い

です。さくらインターネットのサーバー設定からエラーログを確認。ファビコンで大量のエラーが起きていました。調べてみるとこれは良くあることのこと。気になれば対処しても良いし、気にならなければ放置しても良いようです。

海外から大量のアクセスがある訳でもありませんでした。

となると、日常的に重くなっており、さくらインターネットの目に留まったことが考えられます。

このプラグインに要注意!

「P3」という、ブログ内の何が動作を重くしているのかを確認できるプラグインを使用しました。

使い方などはこちらのブログが参考になります。

WordPressを遅くさせているプラグインを調べてくれるプラグイン「P3 (Plugin Performance Profiler)」の使い方
WordPressを重くさせているプラグインを発見しました。大変お世話になっているアレでした。そのアレを明らかにする前に、WordPressに負荷をかけているプラグインを検知してくれるプラグイン「P3 (Plugin Performance Profiler)」の紹介です。

原因と考えられたプラグインがこちら。

  • Broken Link Checker
  • EWWW Image Optimizer
  • StatPress
  • WordPress Popular Posts

の4つです。

Broken Link Checkerはリンク切れを見つけるプラグインですが、重いことで有名でした。これが他のプラグインより圧倒的に重く、全体の4分の1の重さを占めていました。取り合えず停止。月に1度ほど確認することにしました。リンク切れも多くなければグーグルの評価が下がらないようですし。

EWWW Image Optimizerも常駐させておくには重過ぎました。使いたい時だけ画像を圧縮すれば良いので、これも停止。

StatPressはわざわざチェックすることも無いので停止。グーグルのアクセス解析やWordPress Popular Postsでアクセス数は判断できますからね。

WordPress Popular Postsも定期的なキャッシュ削除を設定していないと重くなります。逆に対処すればほどほどの重さで使えるプラグインです。こちらはキャッシュを削除し、1時間ごとに削除するように設定して終了。

設定に関してはこちらのブログが参考になります。

【WordPress Popular Posts】重くなった場合の軽量化対策
この記事では、WordPresプラグイン「WordPress Popular Posts」重くなった場合の軽量化についてまとめてみました。

プラグインの見直しは必須!

プラグインが軽くなればブログ全体の動作が軽くなります。ブログの評価が上がる可能性があります。評価が上がれば検索結果上位にランキングしますし、もちろん収益にも影響します。

最近は記事の質を考え続けていました。が、記事が良くても動作が重すぎてはユーザーは見てくれません。大事なことを忘れていましたね。

特に運営して3年以上経過しているブログは要注意です。知らないうちに不要なキャッシュやデータが大量にたまっている恐れがあります。

制限が出た場合、他のブログではエックスサーバー等への移転を勧めているようですが、私はリスクが大きすぎるなと思っています。日間3万PV以上あるのなら話は別ですが、1万PV以下のアクセス数でアクセス数が原因の制限は発生しないと考えられるためです。

移転に失敗した場合、ブログがパーですからね・・・。最終手段だと思います。

取り合えず今回のようにプラグインの見直しなど、ブログを重くしている原因を探すことが先決です。

まとめ

かなりブログの表示速度が上がったのでどのような効果が出るかワクワクしています。さくらインターネットの方にも対処が終わったことを報告済み。これでまだ制限が出ているようならWordPress Popular Postsも停止しようかなと考えています。

ともあれ、プラグインの重さを見直せる良い機会でした。

SPONSORED LINK

おすすめ記事

1
【メンズファッション】節約しながらオシャレを楽しむコツのまとめ

ファッションは「ただ身につけるもの」ではありません。その場に合ったファッションを ...

2
元プロカメラマンが初めてのミラーレス一眼でOLYMPUS PENを選んだ理由

ミラーレスなのに一眼レフレベルの撮影が可能 キレイな写真、心に響く写真を撮影した ...

3
【住宅セミナーを受けて分かった】年収300万円台でも注文住宅を建てられるコツ

もう、中古物件・建売を買うメリットは無いのかもしれない 結婚を期にマイホームを建 ...

4
人気の腕時計を探すより作っちゃえ!17,600円から腕時計がオーダーできるサイト

「腕時計欲しいんだけどピンと来るのが無いんだよなー。お勧めでも調べてみるか。」と ...

 - Wordpress, ブログのアクセス向上