Fashion おすすめブランド記事

20代向けのコスパが良いメンズブランドまとめ

更新日:

ヤングとスケートボード

「服を買うならコスパが大事だと思う。」

「高い服を買うよりも安くて品質の良い服が欲しい。」

ファッションに興味の出てきた20代のあなたへ。

服の品質って判断するのは難しいですよね。

アパレル店員なら分かるんでしょうけど、私たちのように『一般的なファッション好きレベル』では細かな点まで見抜けないと思います。

そこで今回は20代向けのコスパの良いメンズブランドをまとめてご紹介します。

 

一部ブランドに関しては原価率や特に品質の良いアイテムまで開設します。どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.ユニクロ

コスパの良さで断トツ1位なのはユニクロです。

「えっ?ユニクロなんてファッションとしては下の方じゃないの?」

とお思いかもしれません。

ユニクロは他社が太刀打ちできないほど値段が安くてレベルの高い製品を販売しています。

その理由が高い原価率

普通のアパレル会社は服を作るのに15~20%の原価率をかけます。1,000円の服を作るのに150~200円作るってことですね。

ユニクロの原価率は38%。1,000円の服を作るのに380円かけます。

さらに大量生産により価格を下げることに成功しています。希少なスーピマコットンのTシャツを1,000円前後で販売できるのはユニクロだけです。

①ユニクロのチェスターコートは買うべき

特にユニクロで優れているのがウールカシミアチェスターコート。

14,900円でカシミアを混ぜた生地を使い、スッキリしたスタイルのチェスターコートを販売できるのはユニクロだけ。30,000円と言っても通じます。

これが期間限定セールだと12,900円まで下がります。

ユニクロは有名デザイナーとのコラボもありデザイン性が向上しています。

もちろんハズレのアイテムもありますが、ユニクロを活用すればコスパの良いファッションが楽しめます。

②コスパの良いアウターがズラリ

ユニクロのアウターはいわゆる「ユニばれ」が不安ですよね。

ユニクロの欠点は人とかぶってしまうこと。それがダサいと感じられることがあります。

しかし、シンプルなアウターを選ぶことで「ユニばれ」を防ぐことができます。

今ご紹介したウールカシミアチェスターコートもパっと見でユニクロと判断できません。

先日忘年会で40代のオシャレな男性から

「それ、どこのチェスターコートなの?また良いの買ったね。えっ?ユニクロなの?」

と言われました。

ユニばれを防げればコスパの良いアウター・コートが手に入ります。

 

2.品質の良いメンズブランドのトップ『UNITED TOKYO』

UNITED TOKYOは株式会社STUDIOUSの手がけるオリジナルブランド。

原価率が業界トップの50%です。

30,000円のアウターを作るのに15,000円かけています。他社だと原価率が20%ほどなので、6,000円しかかけていません。

コスパの良さではユニクロを超えて最高です。

シャツ1枚でも7,000円しますので決して安いブランドではありません。しかし、スタイルがキレイ・素材が良い・縫製がしっかりしているなどのメリットがあるため値段以上の働きをします。

①UNITED TOKYOの定番品レザーアイテム

UNITED TOKYOで特に人気なのがレザーアイテム。

裏地にスーツと一緒の『キュプラ』を使うなど、こだわりが感じられます。

私も実際に買いました。着心地の良さ・程よい光沢・タイトな作りが都会的なファッションにピッタリ。大活躍の1着となりました。

 

▼レザーアウターの記事はこちらです▼

原価率50%で話題!「UNITED TOKYO」のレザージャケットをレビュー

 

▼UNITED TOKYOの公式ページはこちら▼

UNITED TOKYO

 

3.店舗の無いメンズブランド『CAMBIO』

 

メンズファッションの通販『CAMBIO』のオリジナルブランドです。

通販のみの販売なのでほとんど評判が知られていません。それなのに、すぐに売切れてしまう謎めいたブランドです。

 

「通販だと買うのが怖い。」

「品質が悪かったら最悪。」

ですよね。

私も「試しに買ってみるか。」と実験的にアウターを購入しました。それがボアジャケット。

ボアは柔らかい手触り。しっかり中綿入りなので真冬でも温かい。

何よりも冬のアウターなのに細身に作られていてモコモコしないのが気に入りました。

以来CAMBIOの製品は積極的に購入しています。50%以上割引のセールも行うため、セール開始時に品既製品を買うとコスパ良く買い物が楽しめます。

 

 

4.高品質低価格『Banana Republic』

GAPと同じ会社が運営するメンズブランドです。

GAPの上のブランドなので値段は高め。シャツ1枚10,000円を超えます。

しかし、アウトレット店では格安で購入可能です。

特にシャツの品質が素晴らしく、3年間使っても全く傷みません。

アウトレットのタイムセールも活用すれば2,000円以下で買えます。この価格帯ならかなりのコスパが期待できます。

①Banana Republicはダサいし古臭い?

Banana Republicのアイテムは良く言えば大人向け。悪く言えばおじさんっぽい印象があります。

先ほどお勧めしたアウトレット店もポロシャツやアウターはデザインが古く、品質も良くありません。

シャツ以外はあまりお勧めできません。

▼アウトレットの記事も読まれています▼

「アウトレット店は単なる廉価版ショップ」 コスパが良かったのは過去の話

 

▼Banana Republic公式サイトはこちら▼

Banana Republic

 

5.MEN'S BIGI

 

写真右のメルトンコートがMEN'S BIGI製品です。

MEN'S BIGIのアイテムはカジュアルデザインが強く、このメルトンコートも裏地にストライプが入っています。

若者らしい着こなしがしたいあなたにお勧め。

このメルトンコートは素材がしっかり圧縮されており、防寒性がしっかりしています。見た目に対して作りが丁寧なアイテムが多くコスパは悪くありません。

①ユニオンステーションの評判について

株式会社メンズ・ビギはより若者向けにした『ユニオンステーション』というブランドを持っています。

品質こそMEN'S BIGIに劣りますが、デザイン的にはトレンドを取り入れた最新のものが揃っています。

ユニクロのシンプルなアウターとユニオンステーションのカジュアルなインナー・ニットを組み合わせてバランスを取りましょう。

 

まとめ

 

20代は給料がまだまだ低いのでお金がありません。

でも、恋愛や会社の歓迎会などファッションにこだわりたい場面がたくさんあります。

そういう時のためにコスパの良いアイテムを揃えておきましょう。日常的に使うアイテムほどボロボロになりやすいので高品質低価格アイテムをお勧めします。

まずはユニクロでアイテムを揃えましょう。ユニクロに関しては勉強本も出ています。こういった本を1冊購入して、本の紹介アイテムを買うだけでもコスパの良いアイテムが揃いますよ。

 

▼お勧めのユニクロ勉強本▼

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

【厳選】2017年冬のお勧めアイテム

 私がお勧めしている【CAMBIO】【スプートニクス】の中から季節ごとのイチオシアイテムをランキング形式でご紹介します。

新アイテムでお勧め品が登場するたびに更新しますので、是非ご覧下さい。

【CAMBIO】ストレッチU-Neckボーダー

CAMBIOの定番ボーダーTシャツです。私も購入しています。

タイトな作りで細めのボーダーデザインが使いまわしに便利。生地も厚くしっかりした作り。価格以上の価値があります。

【SPU】ストレッチツイルチェスターコート

スプートニクスのプライベートブランド【SPU】のセットアップ。全10色展開+上下で税込み5,972円の安さが魅力。この春の即戦力をが欲しいならオススメです。

セットアップはGUがコスパ的に評判が高いのですが、カラーが多くありません。個性的なカラーを求めている方も使えます。

【SPU】ライダースレザージャケット

スプートニクスのプライベートブランド【SPU】のPUレザージャケット。 細身+無駄の無いデザインが大人っぽい雰囲気を与えます。5,292円(税込)はユニクロのネオレザージャケットより安い価格。 ただし、カジュアルな色を選ぶと合皮らしさが強調されます。ブラックかチャコールを狙いましょう。

おすすめ記事

1

ファッションは「ただ身につけるもの」ではありません。その場に合ったファッションをすれば、あなたの評価が高くなります。 しかし、若者の給料が下がっている現状があります。毎月のファッション代には限界があり ...

-Fashion, おすすめブランド記事
-

Copyright© はむログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.